虫歯の治療と麻酔

むし歯の治療の際、麻酔の注射をする事がほとんどです。
この時、歯ぐきから注入した麻酔薬が骨の内部に浸透して 歯の内部へと伝わり、
感覚を一時的に遮断します。
 

しかし、歯や歯ぐきが炎症を起こしている場合、麻酔が効きにくい場合があります。

痛みのある時は特に、痛みのない部分に比べ麻酔が効きにくくなりがちです。

どうしても麻酔が効かない時には、応急処置と内服薬で痛みを鎮めてから、

日を改めて麻酔を行う場合があります。

痛みの症状がある以上、すぐにでも治療を進めるべきではありますが、

炎症を一旦抑えないことには、やむを得ません。

歯が痛み出してから 治療するのでは、いささか遅いということですね。

虫歯を発見した場合には なるべく放置せずに治療を開始しましょう!