インプラントと従来の治療の違い

それぞれにメリット・デメリットがあります

従来の治療法であるブリッジや入れ歯、インプラントも失った歯を再建し、今まで食べにくかった食事などを食べやすくすることが可能です。また、歯がない事により発音しにくく、喋りづらかったことを喋りやすくすることが可能です。ブリッジの治療法は失った歯の両隣の歯を削り、土台になった歯に橋をかけるように人口の歯を入れることによって、失った部分の歯を回復する治療法です。そして義歯(入れ歯)は総入れ歯と部分入れ歯があります。部分入れ歯(取り外しが可能)は健康な歯に金属のバネを引っ掛けて入れ歯を固定します。総入れ歯(取り外しが可能)は歯茎の部分に吸着させ使用しますが、固定する力が弱くずれやすいです。
そしてインプラントは全ての歯を失ったとしても、人口の歯根を再建し、自分の歯のような噛み心地で、天然の歯のようにしっかりと噛むことができます。
ただ、従来の治療法とインプラントそれぞれにメリットとデメリットがあります。当院では患者様の症例やご希望に合わせて治療開始前にそれぞれの違いについてご理解いただけるよう充分ご説明しています。

それぞれのメリット・デメリット

従来の治療法

ブリッジ

ブリッジ
メリット
・治療期間が短い
デメリット
・両隣の健康な歯を削る
・削られた歯への負担が増加
・歯を失った部分の骨が痩せていく

インプラントの治療法

インプラント

インプラント
メリット
・メンテナンスをきちんと行えば長期にわたって、機能と見栄えを維持すことができる
・天然歯に近い見栄え
・健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかからない
・顎の骨が痩せほそるのを防ぐことができる
・自然に噛むことができ、美味しく食べられる
・口元を気にせず、自然に話すことができる
デメリット
・健康保険が適用されない治療となる
・簡単な手術が必要

部分入れ歯

部分入れ歯
メリット
・治療期間が短い
デメリット
・金属のバネが見えて見た目が良くない
・金属のバネが健康な歯を傷つける恐れがある
・違和感を感じることがある
・歯を失った部分の骨が痩せていく

インプラント

インプラント
メリット
・メンテナンスをきちんと行えば長期にわたって、機能と見栄えを維持することができる
・天然歯に近い見栄え
・顎の骨が痩せほそるのを防ぐことができる
・自然に噛むことができ、美味しく食べられる
・口元を気にせず、自然に話すことができる
・入れ歯と異なりしっかり固定され、ずれなどによる不快感を解消
デメリット
・健康保険が適用されない治療となる
・比較的簡単な手術が必要

総入れ歯

総入れ歯
メリット
・治療期間が短い
デメリット
・入れ歯の安定が悪いとずれやすい
・硬い物を噛むと、入れ歯が歯茎を圧迫し痛みを感じることがある
・味覚に影響する場合がある
・入れ歯と歯茎の間に食べた物が挟まる場合がある
・顎全体の骨が痩せることがある

インプラント

インプラント
メリット
・メンテナンスをきちんと行えば長期にわたって、機能と見栄えを維持することができる
・天然歯に近い見栄え
・顎の骨が痩せほそるのを防ぐことができる
・自然に噛むことができ、美味しく食べられる
・口元を気にせず、自然に話すことができる
・入れ歯と異なりしっかり固定され、ずれなどによる不快感を解消
デメリット
・健康保険が適用されない治療となる
・やや複雑な手術が必要

インプラント専用お問い合わせ