審美歯科について

審美歯科とは

正しい機能から生まれる本当の美しさを

歯には美的な側面と機能的な側面があります。審美歯科とは「美しさ」と「機能」に焦点を当てた総合的な歯科医療のことです。
審美歯科は「美しく見える」ことはもちろん、歯並びや噛み合わせを治し、「よく噛める」「よく話せる」といった正しい機能によって、お口の健康や心身の健康を増進し、本当の意味の“美しさ”を長く保ってゆくことを目的としています。
人とのコミュニケーションがとても大切な現代社会において、美しい口元、素敵な笑顔は、快適な社会生活を営む上で重要な要素です。
口元にコンプレックスがあると、人前でなかなか自然な笑顔を作れません。美しい口元が若さと自信を与える事によって、気持ちを前向きにさせてくれます。もちろん見た目の美しさだけではなく、虫歯や歯周病といった一般歯科の治療に美しさを加えたものが審美歯科なのです。

機能的な側面 美的な側面

こんな方にオススメ

  • 歯を白くしたい
  • 歯の隙間をなくしたい
  • 歯の形を整えたい
  • 歯並びを良くしたい
  • 銀歯を目立たなくしたい
  • 前歯の隙間や形が気になる
  • 歯茎の色や形が気になる
  • 天然歯のような歯にしたい

セラミック治療

セラミックとは陶器と同じ材料のことで、金属やプラスチックなどの素材に比べ、審美性、機能性、耐久性の全てに優れた素材です。セラミックはほぼ変色することがなく、自然な色調のため天然歯にもっとも近く見た目がきれいです。金属は一切使用しないため透明感があり、歯と歯茎の境目も黒ずむことがありません。また金属アレルギーの心配もなく身体に優しい素材です。
従来は虫歯治療などで削った部分に、金属の詰め物やかぶせ物を入れていましたが、見た目が気になったり金属アレルギーを引き起こすことも分かってきました。当院の審美歯科の治療では、金属を使用しないメタルフリー治療も行っています。
見た目や特徴については「かぶせ物・詰め物の種類」のページに詳しく記載しています。

例えば

笑ったり、会話をするときに銀歯が目立ち気になる・・・
銀の詰め物やかぶせ物は、白く審美性の高いセラミックの詰め物やかぶせ物に差し替える事ができます。
詰め直し、かぶせ直しであれば、通院回数も最短2回です。
歯並びをきれいに治したいけど矯正の装置を長期間にわたり装着するのには抵抗がある・・・
オールセラミッククラウン(かぶせ物)なら、矯正装置を付けることもない上に、1カ月~3カ月と短期間で歯並びを改善することができます。(治療する本数により治療期間は異なります)

オーダーメイドの人工歯を製作

通常の歯科医院では歯科技工士が常駐しているところは少ないですが、当院では院内に歯科技工士が常駐しています。
歯科技工士が常駐していることで時間的なメリットはもちろん、患者様のご要望を聞きながら医師と技工士が話し合いを重ね、よりクオリティの高い人工歯の製作が可能です。
患者様一人一人の歯の色や形は違います。歯の色や形といった審美面はもちろんですが、噛み合わせや適合など微調整が可能なため、オンリーワンの人工歯を製作しています。

審美性の高い歯列矯正

歯列矯正で歯並びをきれいにするためには、通常はブラケットという装置を歯の表面に装着し、ワイヤーで動かしていきます。そのブラケットやワイヤーも従来は金属でしたが、近年はブラケットが透明・半透明のもの、ワイヤーもホワイトワイヤーのものがあり、矯正装置が目立ちにくくなりました。また、歯の裏側にブラケットを装着し、表からは見えない装置もあります。
さらにマウスピース矯正は、目立ちにくく審美性が高いのはもちろんですが、装置の取り外しが可能なため衛生的です。
ただしお口の状況により使用できない場合もあります。
詳しくは「矯正の種類」のぺージをご覧ください。