歯ぎしり治療

無理な圧力で大事な歯がいたむ前に

日本人の約70%の方が歯ぎしりの経験がありますが、多くの方が自覚していないことが分かってきました。歯ぎしりの原因で最も多いとされるのがストレスで、歯ぎしりをすることによってストレスを発散していると言われています。また、歯並びや噛み合わせの変化、顎の変化、食いしばりの癖があるなど、歯ぎしりの原因は様々です。
その歯ぎしりにもいくつかタイプがあります。1つ目はグラインディングです。グラインディングとは上下の歯をギシギシとこすり合せる一般的なタイプです。歯同士が磨り減ることで歯の神経が出てくるので知覚過敏症のような冷水や甘みに痛みを感じます。2つ目はタッピングです。タッピングとは歯をカチカチと素早く合わせるタイプです。歯をカチカチしないと落ち着かない症状ですが、こちらは癖になっているので意識次第で治る場合もあります。3つ目はクレンチングです。クレンチングとは無意識に歯を強く噛みしめたり、くいしばるタイプです。このタイプは歯ぎしりの中でも気づかれにくいので発見が遅れてしまいます。
歯ぎしりを放っておくと、歯のすり減りによる虫歯や歯周病、神経が露出し食事をするだけでも痛みが出たり、かぶせ物の破損や顎関節症による痛みなど様々な問題を引き起こします。この歯ぎしりによる様々なリスクを軽減する対症療法の1つがナイトガードを使用することです。

歯ぎしりの主な原因

原因は人により異なりますが歯科での対症療法をお勧めします

●ストレス ●かみ合わせ ●枕の高さ

歯ぎしりの原因は解明されていないのが現状です。どのような原因で起こるのかは人によって異なり、対処法も様々なものが考えられています。しかし一般的に歯ぎしりは本人の「悪い癖」のようなもので、意識的に治すのは困難とされています。ストレスなどをやわらげる薬を処方することによって一時的に症状を改善することもできますが、最も一般的で効果的な療法として、歯科での対症療法を受けられることをお勧めいたします。

歯ぎしりによって起こる症状

思い当たる方は一度ご相談を

噛むと痛い
歯ぎしりによって歯の周りにある歯根膜という膜が炎症を起こし噛むと痛くなります。
歯がしみる
歯ぎしりによって歯の噛む面が削れてきたり、歯に亀裂が入ると歯がしみてきます。
歯が割れる
歯ぎしりによって歯に大きな力がかかると、歯が割れてしまうことがあります。特に神経のない歯はもろく割れやすくなっています。また、神経が残っている場合も割れることがあり、この時は強い痛みが出ることがあります。
セラミックのかぶせ物や詰め物が割れる
セラミックは歯と同じか少し硬めのセラミックを使うことが多くいです。歯ぎしりによって歯に強い力が加わり、セラミックが割れたり欠けたりします。

歯ぎしりの対処法

歯ぎしりを防止する方法と歯ぎしりを改善する方法

マウスピースで歯ぎしり防止
歯ぎしりは病気ではありませんので治療ではありませんが、防止するにはマウスピースを使用し、周りの歯を保護します。マウスピースは人工の物なので削れてしまっても作り直すことができますが、歯や神経を失ってしまうと元に戻すことはできません。一般的にも購入は可能ですが、当院ではご自身に合ったマウスピースを作りますので効果的に歯ぎしりを防止することが可能です。しかし、マウスピースは治療ではなく歯ぎしりが治ったわけではありません。マウスピースで歯ぎしりを防止しているにとどまります。
噛み合わせを調節して歯ぎしり改善
歯ぎしりの原因として、元々の歯の噛み合わせの不整合や虫歯治療で使用した金属冠による噛み合わせの不整合があります。その歯ぎしりの原因となっている歯の治療や金属冠の交換することで、噛み合わせが改善されて歯ぎしりが少なくなります。