インプラント手術の手順

インプラントは手術を伴います

 

インプラント手術は従来のブリッジ、入れ歯とは治療法や手順も異なります。その為しっかりカウンセリングを行い、患者様のお悩み、どうしたいのかをお伺いし、インプラント専門医より分かりやすく丁寧にご説明いたします。
そもそも、インプラント治療とは失ってしまった歯の代わりに人工の歯根を埋め込んでから人工の歯を装着し、噛み合わせを調整していき、失ってしまったご自分の歯と同様にしっかりと噛めるようにする治療です。インプラント『手術』と聞くと、流れや治療期間、腫れなど、何も分からないと治療への不安や恐怖心も出てきてしまいます。そんな不安や恐怖心を軽減するために、こちらではインプラント治療の一般的&基本的な流れを簡単に紹介しています。
歯を失ってしまってインプラント治療を検討されている方は一度こちらをご覧ください。インプラント治療が少し不安な方、ご不明な点がある方はお気軽にご相談ください。

手 順

  1. 局所麻酔を行い、歯肉を切開します。
  2. 歯のない部位の歯肉を少し切開、骨を露出します。
  3. インプラントを埋入する穴をドリルで形成します。
  4. 形成された穴にインプラントを植立します。
  5. 埋入後、3ヵ月から6ヵ月インプラントと骨とが結合するのを、歯肉を縫合し待ちます。
  6. 歯肉を開いてアバットメントをフィクスチャーに連結します。
  7. アバットメントにセラミックの人工歯を装着します。

インプラント専用お問い合わせ