妊婦で歯が痛いときのトラブル対処法

妊娠すると歯が痛い理由

妊娠中、突然歯が痛いという事態に陥ることがあります。妊娠によって体が変化するため、歯痛の症状が起こりやすくなります。原因を5つご紹介します。

女性ホルモンの分泌が増えるため

妊娠すると女性ホルモンの分泌が増えます。女性ホルモンは口の中にいる特定の歯周病菌の増殖を促してしまうため、歯ぐきが腫れるといった症状が出やすくなります。

唾液がねばねば・分泌量が減少するため

妊娠中は唾液がねばねばになり、分泌する量も減ってしまいます。 口の中に食べ物のカスが残り、歯周病菌や虫歯菌が増殖します。

免疫力が低下するため

妊娠中は免疫力も低下します。妊婦は口腔内の細菌が増えやすい状態が続きます。歯周病は血液を通しておなかの赤ちゃんに感染してしまうこともあるため、早めに治療することが大切です。

つわりによる吐き気・嘔吐のため

妊婦特有の症状であるつわりも、歯の痛みの原因になることがあります。 つわりは、妊娠初期から16週目ごろまでによく見られますが、吐き気や嘔吐などが代表的な症状です。つわりで嘔吐すると胃酸も一緒に吐き出され、その強い酸性で歯を溶かしてしまうので、虫歯になるリスクが高まります。 つわり中に歯ブラシを使用すると吐き気を催すこともあり、口腔ケアがおろそかになってしまうこともお口のトラブルを増やす原因です。

ホルモンバランスが変化するため

ホルモンバランスの変化で、歯ぐきに腫れ物ができる妊娠性エプーリス、神経過敏が原因の妊娠性歯痛などの症状が出ることもあります。妊娠性エプーリスは良性で、出産後に消えてしまうことも多く、妊娠性歯痛は安定期には治まることがほとんどです。

歯が痛い妊娠中の方の写真

妊婦でも歯の治療に行ってもいいか

妊娠中はさまざまなストレスを避けたいと考え、歯が痛いけれど治療はやめておこうという人もいるのではないでしょうか。 しかし、痛みを我慢するのはつらいものですし、先延ばしにして悪化させてしまう可能性もあります。妊娠期間中に歯のトラブルが起こらないように歯科治療を受けることが大切です。正しい知識を持ったうえで、治療するかどうかを判断しましょう。

妊娠初期〜4カ月

まず妊娠初期から4カ月くらいまでは、流産の確率も高いうえ、つわりがひどい人は気分もすぐれないため、できれば治療を避けた方が無難です。 ただ、痛みがひどく我慢できない場合は、妊娠中である事情を説明しストレスがかからない程度に受診をしましょう。

妊娠5カ月〜7カ月

妊娠5カ月から7カ月の中期は安定期となるため、歯の治療を受けるのに最も適しています。妊娠後期や出産後はなかなか治療にも通いにくくなってくるため、この時期に口腔内の不安を解消しておくとよいでしょう。

妊娠8カ月〜

妊娠8カ月以降は、腹部が大きくなり、診察台の上であおむけになることが難しくなります。さらに、予定日が迫ると破水や突然の陣痛に見舞われることもあるので、歯の治療はおすすめできません。 安定期であっても、受けてよい治療と避けたい治療があります。受けてよいものは、歯のクリーニング、そして歯周病と虫歯の治療です。 特に歯周病は早産のリスクを高めるうえ、低体重児が生まれる可能性も高くなるとされているので早期に治療しましょう。

麻酔、レントゲン、薬は大丈夫?

・麻酔
局所麻酔は胎児に影響しないので問題ありません。
・レントゲン
放射線量は低く、防護エプロンをおなかにかければ赤ちゃんを守れます。
・薬
親知らずなど歯を抜く、インプラントなど外科的な措置を伴う治療は、妊娠中は積極的に行わないようにしましょう。こうした治療は、痛み止めや化膿を防ぐ薬の服用が必要となります。薬は可能な限り避けることが妊婦にとって大切なので、避けるべき治療です。

歯が痛い状況を防ぐには

妊婦でも安定期であれば問題ないとはいえ、体調によっては治療に行けないことも少なくありません。痛みをなんとかやり過ごさなければならない時に、自宅でできる対処法があります。

痛む部分を冷やす

痛む部分を氷や冷却ジェルなどで冷やします。 氷を口に含んで痛いところに直接当てることはもちろん、氷を入れた袋で外側から冷やすのも効果的です。

口内を清潔に

痛む歯や、歯と歯ぐきのすき間に食べ物のカスが詰まっていれば、柔らかい歯ブラシやフロスなどを使って取り除くことも効果があります。痛む側の歯で食べ物をかまないよう注意をすること、そして何かを食べたあとはこまめに歯を磨き、マウスウォッシュなどで口内を清潔に保つことが大切です。

バランスのとれた食事

バランスのとれた食事、特に野菜や果物などをとってビタミン不足にならないようにするとともに、良質のタンパク質も補給して体調を整えることもお口のトラブルを防げます。

バランスの取れた食事の野菜と果物

歯医者選びのポイント

妊娠中に歯が痛くなり治療を受ける場合、女性の歯科医がいるところであれば、女性ならではの悩みを相談しやすいというメリットがあります。 特に子供を持つ女性医師であれば、妊娠中の症状や心理を的確に理解してくれるうえ、経験を踏まえた対応が期待できます。さらに、妊娠中に気をつけたい毎日のお口のケアなど、実体験に基づいたアドバイスをもらえる確率も高いでしょう。
歯医者さんに行くのは妊娠中でなくても緊張するという人が多いものです。通いやすいかかりつけ医を、あらかじめ見つけておくのもよい対処法です。

当院は三宮元町にある歯医者です。女性医師も多数在籍しており、妊娠中はもちろん出産後も通っていただけるよう託児所もご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。