親知らずは抜くべきか?親知らずに関するお悩み解決

親知らずとは、「智歯」「第三大臼歯」とも呼ばれ、前歯から数えると8番目、一番奥に生えてくる永久歯です。
親知らずが生えてくる時期には個人差がありますが、10代後半から20代が一般的です。他の歯と違い、親が歯の生え始めを知ることがないことが「親知らず」という名前の由来とされています。親知らずがすべてある場合は、上下左右に1本ずつ、全部で4本です。親知らずがない場合、4本全てないこともあれば、1〜3本がない人もいます。
また、親知らずが歯肉の下に埋まったままで、生えてこない場合もあり、お口の中に見えていなくても、レントゲンを撮ると確認できることがあります。



親知らずが及ぼすトラブルは?

親知らずがまっすぐ生えてきて、綺麗に磨ける場合は、特に問題にならない事もあります。しかし、斜めや横向きに生えてきたり、埋まったままだと下記のようなトラブルが起きやすくなります。トラブルが生じる場合は抜歯が必要になります。

・虫歯

親知らずが斜めに生えてきたり、途中までしか生えて来ない場合は、歯ブラシが届きにくく、虫歯になりやすくなります。また、親知らずと手前の歯(第二大臼歯)の隙間に汚れがたまりやすくなり、手前の歯が虫歯になることもあります。
親知らずが虫歯になっても抜歯すれば済みますが、手前の歯(第二大臼歯)は抜くわけにはいきませんので、注意が必要です。

・歯肉の炎症

親知らずが斜めに生えたり、まっすぐ生えてきても途中までしか生えてこない場合は、歯と歯肉の間にプラークや食べかすがたまりやすくなり、親知らずの周辺が不衛生になります。これにより、親知らず周囲の歯肉に炎症が起きてしまいます。これは「智歯周囲炎」と呼ばれ、歯肉が腫れたり、痛みが生じます。
また、重症化すると口が開けにくくなったり、顔が腫れたりすることもあります。智歯周囲炎がひどい場合は、炎症が軽減してから抜歯を行います。

・歯根の吸収

親知らずが手前の歯に食い込むように生えてくると、手前の歯の歯根吸収(根っこが溶けてしまうこと)を引き起こしてしまう場合があります。歯根吸収が進むと、親知らずだけでなく手前の歯の抜歯も必要になることがあります。

・口臭

親知らず周辺は不衛生になりやすいことから、口臭の原因になってしまう可能性もあります。炎症によって歯肉に膿がたまったり、虫歯が進行したりすることも臭いの原因になります。


親知らず部分の歯と歯の間に食べかすが溜まっている画像


親知らずを抜いた方が良いケース

以下のようなトラブルがある場合は抜歯をおすすめしています。

  • ・虫歯が進行して痛みを伴う場合
  • ・親知らずによって第二大臼歯に虫歯や歯周病を及ぼす場合
  • ・親知らずが生えてくる方向がまっすぐではない場合
  • ・親知らずによって歯茎が腫れてしまう場合
  • ・親知らずによって口が開けにくくなっている場合
  • ・対合になる親知らずが無く歯茎を噛み込んでしまう場合

親知らずの抜歯をおすすめするケースもありますが、上下でしっかりと噛み合わさっている場合などには他の歯と同様に長持ちするように十分にケアすることで、保存することも可能です。
歯科医院での定期的なケアを行い、抜歯が必要な場合には適切な時期に処置を行いましょう。

親知らずの抜歯後は痛い?腫れる?

親知らずに限らず、歯を抜く時に歯ぐきを切開したり、骨を削って抜くような場合もあります。これは身体を傷つけていることになるので、身体を治す炎症反応の1つとして「腫れる」という反応がでます。
ただし、必ず腫れるというわけではありません。腫れた場合は、抜歯当日に軽く冷やすと症状が和らぎます。この時、冷やしすぎると血流が悪くなり、傷の治りも悪くなるので冷やしすぎには注意しましょう。

どれくらいの期間腫れるの?

親知らずの腫れのピークは2日程です。3〜4日目ぐらいから徐々に腫れが引いていき、1週間ぐらいで元に戻ってきます。腫れの程度は親知らずの生え方、体調などによって左右されます。 痛みが出ることもあるので鎮痛剤で抑えていきます。麻酔をして抜歯するので、麻酔が効いている間は痛みを感じませんが、2〜3時間経つと麻酔が切れてくるため、その前に鎮痛剤を飲むと少しその後が楽になるでしょう。

痛みや腫れが長引くリスクを避けるためには

親知らず抜歯後はできるだけ安静に、負担がかからない様に注意しましょう。 細菌感染を防ぐ為にも体力を低下させないよう良い睡眠、バランスの良い食事で体調を整えましょう。また、口の中を清潔に保ちましょう。

睡眠を取っている人の画像

〜親知らず抜歯後の注意点〜

熱いお風呂や運動、飲食をしない

血流が良くなると、炎症性の反応が起こっているところに血液がたくさん流れ、ドクドクと脈を打つ現象が起こります。再出血を招いたり、血液が固まりにくくなり腫れの原因になりますので、抜歯後当日は体を温めるようなことは避けましょう。 飲酒も腫れのピークとなる抜歯後次の日までは避け、腫れが引くまでは控えるようにしてください。

強いうがいをしない

親知らずの抜歯は、穴(抜歯窩)を治すために血液がたまります。 この血液をゆすいで流してしまうと、ドライソケット※になりやすくなり、非常に治りが悪いです。 普通の擦り傷でも同じですが、治る途中のかさぶたをはいでしまうと、治りが悪くなりますよね。同じようなことが抜歯後に起こります。 抜歯後当日は出血が止まらないからといって何度もゆすがず、歯磨き後のゆすぎも血液を流さないように十分注意してください。

ドライソケット※とは?
ドライソケットは、その名の通り、抜歯した穴が乾いている状態のこと。通常は、抜歯した穴に血液が溜まってかさぶたになります。しかし、このかさぶたが流れてしまった状態をドライソケットと呼びます。 親知らず抜歯後、続く痛みはドライソケット。歯科医院に相談しましょう。

処方された抗生物質は必ず飲み切る

痛み止めは痛い時だけ服用ですが、抗生物質は最後まで服用しなければなりません。通常は3日間、朝、昼、晩の3回になると思います。 口の中は細菌の数が非常に多く、傷口は感染しやすいため、抗生物質は最後まで飲み切る必要があります。

麻酔が切れる前に食事をしない

抜歯後1〜2時間ぐらいは、麻酔が効いています。麻酔が効いているときに食事をすると、気づかず頬の内側や唇を噛んでしまったり、熱い食べ物で火傷をしていたという事もあります。ですので、麻酔が切れて唇や頬の感覚が戻ってから、食事をするようにしましょう。

抜いた部位を歯ブラシで磨かない

傷口をまた傷つけてしまうことになりますので、当日〜1週間は抜いた部位を磨かないようにしましょう。親知らずの手前の歯は丁寧に磨き清潔に保つようにしましょう。

刺激物を食べない

どんな食事をした方が良いですか?とよく聞かれます。 抜歯後は腫れやすいので硬いものを避けて、柔らかく飲み込みやすい食べ物の方が良いです。 カレーや辛い食べ物などの刺激物を避けて、栄養のある食事を心がけましょう。

舌や指で抜歯部位を触らない

舌や指で抜歯した部位を触ってしまうと、出血を招いたり、糸がとれてしまうことがあります。 糸がとれてしまうと、傷口が開きますので、出血したり、治りが悪くなってしまいます。糸が気になると思いますが、できるだけ触らないようにしましょう。

タバコを吸わない

タバコを吸うと、血流が悪くなります。傷口への血液供給が悪くなりますので、治りが非常に悪くなります。 タバコは、百害あって一利無しですから、これを機会に禁煙することをオススメします。

冷やしすぎてはいけない

昔は腫れたら冷やすは当たり前でした。ところが、最近では冷やさない方が、治りが良いという考えに変わってきました。 これは、冷やし過ぎてしまうと、血流が悪くなり、炎症部位に流れていかないという現象がおこり治りが悪くなるという考えです。

親知らず抜歯後にしてはいけないこと 親知らず抜歯後にしてはいけないこと

歯を抜けば必ず腫れるというわけではありませんが、腫れにくくするために事前に対処できる事もあります。 下の親知らずは特に埋まっている場合や横に生えている場合、骨を削ったり歯ぐきを切ったりすることが多く腫れやすくなります。 抜歯をする時は、かかりつけ医とよく相談し腫れる可能性や抜歯後の後遺症などよく相談するようにしましょう。