冷たいものや熱いもので歯がしみるとき

「歯がしみる」といっても、冷たいものが急にしみる時がある、歯ブラシの時にピリッと痛みを感じる、熱いものや甘いものがしみるなど、その原因や症状は人それぞれです。
この記事では歯がしみる原因や対処法についてご紹介します。

冷たいものや熱いもので歯がしみる画像

知覚過敏症が原因で歯がしみるケース

強い力でのブラッシングや、加齢による歯肉退化、歯のくいしばりによる、エナメル質の破損や歯根の露出知覚過敏の症状により、冷たいものや熱いものがしみる場合があります。
知覚過敏症になる原因は様々ありますが、主に以下の3つの症状と原因があげられます。

①歯周病が原因の場合の症状と治療法

歯茎が縮んだり、歯周ポケットが深くなったりして、歯の痛みを感じる根元の部分が露出し、その部分に冷たいものや歯ブラシなどで刺激があると痛みを感じるようになります。これ以上歯肉の退縮や歯周ポケットが深くならないように、歯科医院で定期検診と歯のクリーニングを行ってください。
当院では歯茎際の歯石除去や咬合調整などを行います。
シミ止めをする事や知覚過敏用の歯磨き粉を使う事もおすすめです。
酷い痛みが治らない場合、虫歯ではなくとも神経をとり、被せ物をするなどの処置が必要になる場合があります。

②食いしばり•歯ぎしりが原因の場合の症状と治療法

食いしばりや歯ぎしりのせいで、歯肉が退縮することにより歯がしみることがあります。
寝ている間の歯を防護する「ナイトガード」と呼ばれるマウスピースによって、今以上に歯が削れたり、歯肉の退縮を防ぐことができます。

③酸蝕歯が原因の場合の症状と治療法

酸性の強いものを定期的にお口にする習慣がある方は、酸蝕歯によりエナメル質が溶けてしまうリスクが高いです。
酸が多く含まれる食べ物や飲み物を食事などで口にした場合、摂取後「うがい」をするだけでも効果があります。

虫歯が原因で歯がしみるケース

虫歯はごく初期であれば簡単な処置のみで治すことができますが、重度になると歯を失うことにもなりかねません。なるべく症状が軽いうちに歯科医院を受診してください。

①冷たいものでしみる場合(図C1〜C2)

歯の表面を覆う白いエナメル質は、外部からの刺激を神経に伝達しませんが、エナメル質の下にある象牙質には表面に小さな穴が開いており、冷たいもの等の刺激を神経に伝達します。
何らかの原因で象牙質が露出すると冷たいもので歯がしみます。
虫歯はごく初期であれば簡単な処置のみで治すことができますので、なるべく症状が軽いうちに歯科医院を受診してください。

②熱いものでジーンとしみる場合(図C2〜C3)

虫歯の穴が大きくなり、より神経に近いところまで進行すると、冷たいものだけでなく熱いものでもしみるようになります。
熱いものでジーンと10秒ほどの痛みが必ず起こるようなら虫歯が深い証拠です。
虫歯が深いと神経をとる処置になる場合があるため、早めの受診をおすすめします。

③熱いものでズキズキと痛い場合(図C3〜C4)

熱いもので歯がしみる場合は、冷たいもので歯がしみる場合よりも病気が進行している可能性が高いです。熱いものでズキズキと激しい痛みが出ている場合、歯の根っこ部分に膿が溜まっていることが多いです。虫歯が重症化しており、放置すると激しい痛みや顔面の腫れなどを引き起こします。
神経が腐り、血や膿が溜まっているため、神経をとる処置か、抜歯となるケースもあります。
早急に受診をおすすめします。

虫歯の進行レベル

④銀の詰め物をしている場合

神経がある歯に銀の詰め物をしている場合、銀は熱の伝熱性が高いため、しみることがあります。
基本的にSETをしてから1週間ほどで慣れてくるため、最初は様子をみることをお伝えしています。

失活歯が原因で歯がしみるケース

失活歯(しっかつし)で熱いものでしみる場合があります。失活歯とは、歯の治療をして神経を抜いてしまった歯のことをいいます。 神経を抜いているから痛みは感じないと思われるかもしれませんが、歯が痛んでいるのではなく、失活歯の周辺に炎症起こして痛みを感じることがあります。
たとえば、根管治療で神経を抜いた後、経年により、再度、歯の根っこの部分に病巣(膿など)が発生し、神経を圧迫したり炎症(歯髄炎・歯根膜炎)を起こしたりすることがあります。神経に近い部分での炎症なので、ひどい痛みになるケースが多いです。
痛みがひどい場合、患部を冷やせば一時的に痛みが引く事もありますが、しばらくしてもっとひどくなる可能性もあるので、早めの受診をおすすめします。
また、神経を抜いた後も歯科医院で定期的な検診を心がけましょう。

 

冷たいものや熱いもので歯がしみるとお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。