歯医者が怖い・苦手という方へ、
ボロボロ・放置した歯の治療について

多くの人が歯科医院に対して怖い、痛そうというイメージを持っているかと思います。歯医者さんが好きだという方は多数派ではないですよね。
なかには怖い、痛いイメージが勝ってしまってなかなか歯科医院に行けないという方もいらっしゃいます。
そんな歯科恐怖症の方は極度の恐怖・嫌悪感から歯科治療を受けることができず、口の中に器具が入るだけで嘔吐反射が起こることもあります。

歯科恐怖症について

歯医者で診療中の写真

歯科恐怖症になると極度の恐怖と不安から気分が悪くなり、症状がひどくなると動悸やめまい、震え、大量の発汗、過呼吸などを起こしてしまう可能性があります。
原因として過去に受けた治療が痛かったり、酷い思いをしたりしたことがトラウマとなってしまうケースが多いです。身体的苦痛”痛み”だけでなく、心体的苦痛などが原因となることも少なくありません。
(歯科医師に叱られたり嫌な顔をされた、気持ちを理解してもらえなかったなど)

歯科恐怖症かもしれないという方へ

恐怖症になってしまうと、痛みに配慮し麻酔注射の針を細くするなどしてもそれだけでは解決しません。中には器具の音を聞いて振動を感じただけで恐怖を感じてしまう方もいらっしゃるので、特別な配慮と手法が必要とされます。
鎮静法を用いて心身をリラックス状態へ導く方法を行える歯科医院を探してみるのも良いかもしれません。
鎮静法(笑気吸引鎮静法・静脈内鎮静法など)は、全身麻酔のように完全に意識を消失させて治療を行うわけではないので、「歯科医師の指示に会話で反応できる」「厳密な食事制限や術中準備を必要としない」といった特徴があります。

歯科治療が怖い・苦手という方へ

歯科治療が苦手な方や痛みが苦手な方は、治療前にお気軽にご相談ください。
当院はできるだけ痛くない治療への取り組みを行っております。

当院の無痛治療への取り組み

①表面麻酔薬の使用

麻酔注射が刺さる瞬間の痛みを和らげるために、ゲル状の表面麻酔薬も常備しています。

表面麻酔薬のイメージ画像

②注入スピードをコントロール

麻酔注入時の圧力も痛みの原因なので、機械制御で注入速度をコントロールする電動麻酔器も採用しています。

電動麻酔器のイメージ画像

歯がボロボロで恥ずかしいという方へ

当院の想い(カウンセリング重視)

歯科で働くスタッフは皆、患者様の歯や口腔内が少しでも良くなって欲しいと思っています。
自費治療にはなりますが、仮歯を用意し、前歯の治療を見た目を気にせず進めることも可能です。
残念ながら、虫歯や歯周病が酷く、抜歯をするしかない場合もありますが、いきなり歯を抜く事はありません。ドクターより現状の歯の説明、治療方法、その後どのように噛めるようにするか、説明をしっかりさせていただき、患者さんの気持ちを確認してから処置に入ります。
他の治療についても、画像や模型などを使用し、丁寧な説明を心がけています。
また、わからないことや不安なことがありましたら、なんでも遠慮なくご質問ください。誠心誠意お答えするよう心がけております。

歯がボロボロだと治療も痛い?

痛みに弱い、麻酔が効きにくいなども気軽にお伝えください。
麻酔の針が痛くないよう、表面麻酔の塗り薬を使う、ゆっくりと時間をかけて麻酔を打つ。しっかり時間をおき、麻酔が浸透する時間を待ってから治療に入る等、できるだけ痛くない治療を心がけ、治療が苦痛にならないように工夫をしています。

歯がボロボロだと治療費はどのくらい?

料金についてもご相談ください。
保険治療のため値引きなどはありませんが、レントゲンが必要か歯周病の検査が必要かなどをお話させていただきます。
当院ではクレジットカードやPayPayもお使いいただけます。

勇気を持ってお越しください

笑顔の歯科医衛生士

歯科で働いていて嬉しいときは、患者さんの声を聞けたときです。
「見た目が綺麗になった」「痛みがなくなった」などのお声をいただけると嬉しく思います。
特に1番嬉しく思うのは、長い治療が終わった日に、「これからは痛みや詰め物がとれたなどの困り事がなくても、検診に来たい」と、言っていただけた時です。
治療やお話を通して、患者さんからの信頼をいただけたという喜びを感じます。
分からない事や、治療に関しての質問等、どんな事でもご相談いただきたいです。
是非、勇気を出してご予約ください。