歯並びが悪いと口内炎ができやすい?



口内炎がよくできると食事が億劫になったり、口臭や長期の場合発癌リスクもでてきます。 口内炎のあるときはお醤油や酸っぱいものを口に含むと、しみてご飯を食べるのが辛いことありますよね。1週間ぐらい治らなかったりと億劫な気持ちになるかと思います。

口内炎とは?

口内の粘膜に起こる炎症の総称です。 頬や唇の裏の粘膜、のど、舌など、口内のあらゆる粘膜にできます。



口内炎の種類



口内炎の原因と対処法を見ていきましょう。

1)傷などでおこる(カタル性口内炎、単純性口内炎)

口内粘膜が赤く腫れたり、水疱ができたり、味が感じにくくなることもあります。 また、口臭の原因になることもあります。

〈原因〉

1番多いのは頰を噛んでしまったところからの細菌感染です。また、合っていない歯の被せ物や入れ歯の傷や、火傷の傷から細菌感染した場合も当てはまります。 口の中が不衛生であると治りにくいです。

〈対処法〉

傷を作る原因を取り除かない限り口内炎となってしまいます。 矯正で歯並びを変えたり、被せ物・入れ歯・矯正装置の形を変えてもらう必要があるかもしれません。歯医者さんに受診してみましょう。

2)ストレスでおこる(アフタ性口内炎)

頬の内側や舌、唇の裏や歯ぐきにできやすく、痛みがあり、食べ物がしみます。白や黄色の潰瘍の周りが赤くなっている状態です。 通常は1〜2週間ほどで治ります。

〈原因〉

疲れ、ストレス、睡眠不足による免疫力の低下が主な原因です。また、食事の栄養バランスが偏っても(特にビタミンB不足)、アフタ性口内炎ができる原因となります。 女性の場合は、ホルモンバランスが乱れ、体力を消耗しやすい生理前や妊娠期にもできやすくなります。 またベーチェット病や潰瘍性大腸炎など、全身の疾患が原因となってできる場合もあります。

〈対処法〉

ストレス発散・解消、睡眠を十分に取り栄養のバランスが整った食事が理想的です。 (ビタミンB2は豆類、レバー、うなぎ、卵、乳製品、緑黄色野菜などです。熱には強いが光によって分解しやすく、水溶性ビタミンなので、水や煮汁に溶け出しやすいです。煮汁も利用しましょう!)

3)ウイルスの感染でおこる(ウイルス性口内炎)

お口の中の粘膜に、小さな水疱がたくさんできるのが特徴です。発熱や強い痛みをともなうこともあります。 代表的なのはヘルペス性口内炎。 子供ではコクサッキーウイルスA群への感染でおこるヘルパンギーナ、手足口病があります。

〈原因〉

ヘルペス性口内炎では単純ヘルペスウイルスの感染によるものです。 また、ヘルパンギーナ、手足口病は乳幼児や子供を中心に6月下旬~8月中にかけて流行する「夏かぜ」のコクサッキーウイルスA群への感染でおこる口内炎です。

4)カビによっておこる(カンジダ性口内炎)

白い苔のようなものが付着していて、痛みはほとんどない。炎症を起こしたり、舌の痺れ、味覚の異常を感じる場合もあります。

〈原因〉

通常身体にいる真菌(カビ)の一種のカンジダ菌が原因で起こります。免疫力が低下することでカンジダ菌が増殖し、口内炎が発症します。 口の中にできる白い斑点が特徴です。生後2~3カ月の赤ちゃんに発症するケースが多い病気で、ミルクの飲みが悪くなることもあります。

〈対処法〉

健康な場合は発症しにくいカンジダ性口内炎は、重大な病気が隠れている場合もあります。心当たりのある持病などがあるなら、すぐにでもあわせて治療をしましょう。 病院でのカンジダ口内炎の治療では抗真菌剤が処方されたりもします。
加齢などが原因で口の中が乾燥していると粘膜が傷つきやすくなり口内環境が悪化、カンジダ菌が増殖しやすくなります。こまめに水分を補給するとともに、栄養バランスにも気を配り、健やかな状態を保つことが大切です。

5)タバコによって起こる(ニコチン性口内炎)

お口の中の粘膜に白斑(白い点々)ができます。喫煙は舌癌や口腔がんの原因ともされているため注意が必要です。ただの口内炎と思っていたらがんだった・・・なんてことがないといいですよね。

〈原因〉

タバコに含まれるニコチンが原因なので、喫煙習慣が原因。また喫煙によりお口の中がずっと熱にさらされることも、ニコチン性口内炎の原因と言われています。

〈対処法〉

言うまでもなく、喫煙を止めること…これに尽きます。全身の健康にとっても良くないですよね。

歯並びが悪いと口内炎ができやすい?

いつも同じところに口内炎ができると言うことで悩んでいる方は歯並びが原因かもしれません。 噛み合わせが上手くいっていない口腔内では、歯や被せ物の磨耗により尖ってしまい、頬や舌を傷つけてしまうことがあったり、噛んでしまう事によって口内炎が頻繁に起きる事があります。

口内炎の原因となる歯並び

食事の時に粘膜を噛みやすい歯並びがあります。 噛んでしまった傷によってできる口内炎は噛み合わせが解決しない限りまた同じところを噛んでしまって口内炎を繰り返すことがあります。
例として、交叉咬合のイラストで見てください。 頬の粘膜が巻き込まれて噛みやすい状態の歯並びです。



歯並びの悪さでできた口内炎が及ぼす悪影響

同じところを噛みつづけてしまう、歯並びが原因の口内炎。 そのいつも口の中を傷つけるものがある状態というのは口腔がんの原因のひとつです。

口腔がんとは

自覚症状として

  • ・痛い
  • ・しびれている
  • ・しみる
  • ・しこりがある
  • ・話しづらい
  • ・噛みづらい
  • ・飲み込みづらい
  • ・口内炎が続いている
  • ・首のリンパがすっと腫れている

目に見える症状としては

  • ・粘膜の色がおかしい
  • ・しこりがある、ザラザラした突起や潰瘍がある

などです。

口腔ガンと口内炎との違い

口内炎は、1ミリくらいの小さいものから1センチくらいのものまでありますが、大体2週間くらいで治ります。 2週間以上治らないときは、口腔がんを疑い、歯医者に受診しましょう!

歯並び以外の頬の内側を噛んでしまう原因

口内炎ができる原因として歯並び以外にも入れ歯を入れている方や矯正の装置を入れている方はその刺激で頬の内側を噛みやすくなる場合があります。 内臓の調子が悪い方も口内炎が出来やすいです。 歯軋りが多い方や、体重増加などにより粘膜に厚みが出た方なども頬を噛みやすくなります。

当院の治療

舌や粘膜にあたっている部分の歯を削ったり、被せ物や入れ歯の調整をする、矯正で歯を動かし噛み合わせをかえるなどがあげられます。
健康に過ごすためにも口内炎が出来やすい方は歯科検診にてご相談ください。