神戸で歯医者をお探しなら

神戸市にある神谷歯科医院へご相談を

歯に関する悩みは多く、治療方法も様々です。その中でも一番多い治療が虫歯の治療です。虫歯の原因は細菌による感染症で、進行は5段階に分けられ、各段階により症状も治療方法も異なります。C4と呼ばれる一番ひどい段階まで進んでしまうと歯の形自体が崩れてしまい、菌が全身に回る危険性もあります。歯の症状の進行段階にもよりますが、虫歯の治療方法には詰める、かぶせる、欠損を補う(ブリッジ・入れ歯)の3つがあります。歯の状態や治療内容あるいは今後のお手入れ方法についての詳しい説明を行ってくれる歯医者さんを選ぶと安心です。
欠損を補う治療方法の1つにインプラントという方法もあります。けがや歯周病などで歯を失った場合に人口の歯を入れることができます。その他の顔や顎周辺の病気を扱っている口腔外科という診療科目を備えていたりする歯医者さんもありますが、神戸の歯医者さん全体ではまだ数少ないのが現状です。
また、噛み合わせによって頭痛や肩こりが起こることもあり、他にも耳鳴りや不眠症の原因にもなるため、そうした病気の原因となる噛み合わせ治療を歯医者さんで受けることができます。この治療は歯を長持ちさせるためにも重要で、整った噛み合わせは健康を保つとまで言われています。噛み合わせがよくない時の状態には、左右のずれや歯並びが悪いことがあげられます。虫歯になる前の相談や口臭に関わる予防歯科もあり、症状等の問診やカウンセリングによって状態を改善していき、時にはインプラント治療や義歯の製作も行います。

神戸で子どもの虫歯治療・予防に取り組む小児歯科がある歯医者さん

神戸で子どもの虫歯治療・予防のために歯医者さんを探すこともあるでしょう。小児歯科では虫歯治療はもちろん、虫歯の予防も行われます。永久歯では多くの場合、虫歯は歯が生え始めて約2年の間に多く発生すると言われています。1番奥の歯は12歳頃に生えることが多いため、予防もその頃までにきちんと行うことが大切です。歯医者さんではフッ素の塗布もしてもらえますし、相談すれば年齢や歯の生え方に応じて、歯ブラシや歯磨き粉などを紹介してくれる歯医者もあります。
また、歯並びの治療も行っています。歯並びが悪いことは、磨き残しを作りやすいという理由で虫歯ができやすい原因にもなります。他にも発音や咀嚼への影響の可能性があると言われています。それ以外にも顎の負担になるため顎関節症を招くともされますし、顔のゆがみも取り上げられています。歯の並びが悪かったことで起こる発音の違いや、見た目へのコンプレックスから精神的な影響がある可能性も捨てきれません。
歯並びが悪いことによる影響は様々ですし、子どもの状況も様々です。矯正治療に関しては子どもに合わせて治療法を選択できたり、治療計画についてしっかりと説明してくれる小児歯科のある歯医者さんを選ぶとよいでしょう。また、歯医者さんは大人でも怖いと思うことがあり、小さい子ほど何をされるのか分からず不安や恐怖心を覚えやすいです。子どもがリラックスできるように配慮してくれるところかどうかも歯医者さん選びのポイントになります。

小児歯科について詳しくはこちら>>

神戸の歯医者でも数少ない設備やサービス

歯医者さんを選ぶ際にはサービスが充実しているかどうかも大きなポイントになります。神戸市内の歯医者さんで受けられるサービスを比較するのであれば、例えば歯科用CTを導入しているかどうかが挙げられます。歯科用CTとは、従来のレントゲン写真が2次元で映るのに対して、断層写真を得て3次元でコンピューター上に表現できます。立体画像を得られるため骨の量や厚みの他にも神経や血管の位置も知ることができます。様々な位置関係も正確に把握できて安全で正しい診断の上で治療の計画を練ることが可能になります。これが院内にあれば他の場所で写真を撮る必要もなく、すぐに画像解析できるため治療時間の短縮になる他、治療内容の説明も分かりやすくしてもらえます。従来のレントゲン撮影では平面での撮影となるので、様々な角度から複数回の撮影を行う必要がありましたが、CT撮影は一度の撮影で様々な角度や位置の情報を取得できるので、患者さんの負担も少なくなります。
神戸の歯医者さんでもまだ数は少ないですが、歯科技工士が常駐している歯医者さんもあります。歯科技工士が常駐していると詰め物、かぶせ物、入れ歯を作る際に時間が短縮できる他、話し合いでより患者が求めるものに近い、クオリティの高い技工物の製作ができるのが利点です。その他急な事故で破損してしまうことがあった場合にも、数時間程度で対応してもらえる可能性があります。
他には女性ドクターが対応してくれるかどうかもよく重視されるポイントです。女性ドクターの方が話しやすい、相談ごとを持ち掛けやすいという人は、歯医者選びの際には注意しましょう。大人だけでなく、小さな子どもも男性ドクターよりも女性ドクターの方が不安を軽減できる場合があります。他のサービスとしては治療を受けている間、子どもを見ていてくれるキッズスペースがあるかどうかや、無理なく通院できるように無料駐車場があるかどうかも確認しておきたいところです。治療を頑張った子ども向けにごほうびを用意してくれている歯医者も見られます。自分にとって大切なポイントは何かを考え、それを押さえた歯医者さんを選ぶといいでしょう。

設備について詳しくはこちら>>