神戸の歯医者で快適に治療を受ける

神戸の歯医者で受けられる治療

神戸市の歯科医院は数多くありますが、各歯科医院によって受けられる治療は様々です。症状で言えば、例えば歯が痛い場合には虫歯が疑われます。虫歯の原因は細菌による感染症で、バイオフィルムと呼ばれる細菌の塊が形成されるとそれが始まりになります。虫歯の治療には詰める、かぶせる、欠損を補うといった方法があります。どの方法にする場合も、なるべく削らず痛みの少ない治療法を相談できる歯医者が選ばれる傾向にあります。 歯周病や口臭が気になる場合にも歯医者が利用されます。歯のクリーニングでは普段の歯磨きでは届かない歯周ポケットの汚れを落とすことが可能です。一般的に歯垢と呼ばれるものはプラークという細菌の塊で、放置すると歯周病や口臭の原因にもなります。さらに時間が経過すると歯石にもなります。自分に合った歯磨きの方法を教えてもらい、歯石になってしまったら取ってもらうといったことも歯医者で行う治療の一つです。 神戸の歯医者ではかみ合わせの治療に力を入れている歯科医院もあります。かみ合わせが悪いと時には頭痛や肩こり、めまいなどを引き起こす場合があります。また、歯周病を併発することも多いと言われます。かみ合わせを改善することで、身体の諸症状の改善が期待できると共に、歯周病対策にも効果があるとされています。

神戸市でインプラント治療をお考えなら

神戸の歯医者では一般歯科治療の他にもインプラント治療を行っている歯医者もあります。インプラントとは様々な理由で歯を失ってしまった人に施される治療方法の一つで、あごの骨に人工歯根を埋め込んだ上でセラミックの歯を装着する治療です。装着すると痛みや違和感がなくなるとされていて、本来の歯に近い感覚を取り戻すことが可能です。また、自然で美しい見た目も手に入れることができます。 歯を失った場合に他に取れる手法としてはブリッジや入れ歯が挙げられます。ブリッジは失った歯の両側の歯を削って、そこに人工の歯を入れます。入れ歯は失った部分の型を取って人口の歯とその下の土台を作り健康な歯に引っかけるように装着します。それぞれに利点はありますが、ブリッジは両隣の歯を削る必要があると共に、その歯に大きな負担をかかるため将来的に歯を失う要因になることが懸念されます。入れ歯は口の中の違和感や衛生面での負担がかかりやすい他、かむ力が衰えやすいことがデメリットです。両方のそれらのデメリットについてインプラントはカバーしています。あごの骨に固定するため弱くなりやすいという心配もなく、固いものもしっかりかめるようになります。 ただし、手術が必要な上保険適用外になるため高額になりやすいことには注意が必要です。全身に疾患がある場合など、条件によっては手術を受けられない場合もあります。さらに、インプラントをした場合には、その後の衛生管理や定期検診も必要になります。当院ではインプラント後の対応もきちんと行っています。

インプラント治療について詳しくはこちら>>

神戸の歯医者でホワイトニングをお考えなら

最近では歯のホワイトニングを望む人が増えており、神戸の歯医者の多くでその施術を受けることが可能です。ホワイトニングとは、歯垢の除去などで歯をきれいにして元の状態に戻すクリーニングとは異なり、自分の歯の色を明るくすることを指します。ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあり、それぞれ特徴が違います。これらを合わせたデュアルホワイトニングと呼ばれる方法もあります。二つの長所を併せ持つため理想的とも言われています。 まず、オフィスホワイトニングは歯医者で行われます。専用の薬剤を歯に塗った上でレーザーや光を当てることによって歯を白くする方法が一般的です。1回で効果が出ることもある即効性が特徴で、歯を短期間で白くしたいという場合によく用いられます。歯を白くする度合いは調節ができ、歯科医師、歯科衛生士に全てお任せにできるので自分の手間がかからないのが大きな特徴です。ただし、色は半年から1年ほどで戻ってしまいます。 ホームホワイトニングはホワイトニング剤を歯医者で作成したマウスピースなどに入れて自宅で行う方法です。都合のいい時間に自分で施術をすることができますが、期間はオフィスホワイトニングより長く、1日6時間から8時間マウスピース装着をして2週間から4週間ほどかかります。白くなりにくい歯でも時間をかかて治療することで効果が出る可能性があること、色持ちが長めで後戻りしにくいことが大きな特徴です。治療中は医師のチェックが必要なため定期的な来院が求められます。 ホワイトニングを希望する場合の注意点としては、効果的な結果が得られない可能性があることが挙げられます。個人の生活習慣や歯の組織構造など様々な違いによって漂白の度合いなどは変わってしまいます。まずは歯医者で口腔内検査を受けることが必要です。また、妊娠中や授乳中、妊娠の可能性のある人にはホワイトニングは適していないため、時期をずらして行う必要があります。

ホワイトニングについて詳しくはこちら>>