矯正後のリテーナー(保定装置)って何?

リテーナーとは

リテーナーとは、きれいに整ったあとの歯並びを今の位置で固定させるための装置です。「保定装置」とも呼ばれます。
歯列矯正治療であるブラケット矯正やマウスピース型矯正は、歯に装置を装着して歯を正しい位置に動かしていくのですが、装置による治療期間が終わり、矯正装置を取り外した後のしばらくの間は、歯を支えている歯槽骨が十分に安定していないため動きやすく、元の位置に戻ろうとする「後戻り」を起こしてしまいます。そのため、矯正治療後の動いた歯の後戻りを防ぐために、「リテーナー」という装置を装着する「保定期間」が必要になります。リテーナーを使用することで、矯正治療で整った歯並びや噛み合わせを維持させるため、保定期間はとても重要なのです。

リテーナーをつける女性のイラスト

なぜリテーナーが必要なの?

歯科矯正終了後に何もせずに放置していると、歯は元の位置に戻ろうとしてしまいます。これを歯の「後戻り」といいます。
歯の後戻りを防ぐのが、リテーナーの大切な役割。歯は一生動き続けます。そのため、どんな治療方法であっても、治療が終わったらリテーナーで歯を保定することは必須。しかも、できるかぎり長く、できれば一生、リテーナーは着けたほうが良いと言われています。
また、矯正治療が終わったばかりの歯はとくに、根っこの部分が動きやすくなっています。せっかくお金と時間をかけてきれいにした歯並びが、少しでも後戻りしたら悲しいですよね。歯が動きやすい期間は、とくにしっかりとリテーナーで歯を保定しましょう。

リテーナーの種類

リテーナーは大きく分けて2種類あります。歯並びやお口の中の状態によって使用する種類が異なります。

可撤式リテーナー(ベッグタイプ・ホーレータイプ)

可撤式のリテーナーは取り外しができることが特徴です。
ワイヤーで歯を抑えながらプラスチックで歯茎を覆うタイプ(ベッグタイプ)や、後戻りがしやすい前歯のみを抑えるタイプ(ホーレータイプ)、歯列全体を透明なマウスピースで覆うタイプがあります。
ベッグタイプやホーレータイプは、口を開けるとワイヤーが見える為、審美性には優れません。一方マウスピースは透明ですので、目立ちにくく審美性に優れます。
また、どのタイプの可撤式リテーナーも着脱が面倒なことが難点ですが、食事や歯みがきの時は外せて綺麗に清掃できるので、清潔な状態を保つことができます。

可撤式リテーナーの画像可撤式リテーナーのマウスピースの画像

固定式リテーナー(フィックスタイプ)

固定式タイプのリテーナーは「フィックスタイプ」とも呼ばれており、細い針金を歯の裏側に接着します。固定式のフィックスタイプは歯の裏側に針金を固定するので正面から見えず審美性に優れています。また、取外しの面倒もありません。
ただし、歯の裏側に固定されているので歯みがきが難しく、針金の周囲に歯垢が溜まりやすいことが欠点です。日頃の丁寧な歯磨きはもちろんのこと、歯医者さんで定期的なクリーニングが必要です。

固定式リテーナーの画像

リテーナーの洗浄方法

可撤式リテーナーの場合

お手入れの方法としては、歯を磨くタイミングで毛先が柔らかい歯ブラシを使用して磨きます。その際、冷たい水よりぬるま湯の方が汚れがふやけて取りやすくなります。食器を洗う際、冷たい水で洗うよりぬるま湯で洗った方が汚れが取れやすいのと同じです。
ただし、熱すぎるお湯をかけてしまうと、装置が変形する恐れがありますのでご注意ください。また、注意事項として歯磨き粉は使用しないようにしてください。歯磨き粉には、研磨剤が入っており装置が削れてしまう可能性があります。削れてしまうと、装置が凹凸になりそこに細菌が繁殖する可能性もあります。

可撤式リテーナーの洗浄方法についての画像可撤式リテーナーの洗浄方法についての画像

固定式リテーナーの場合

接着剤が歯や歯肉のぎりぎりまで取り付けられているため、丁寧に磨いていく必要があります。そこでおすすめなのは、ワンタフトブラシを用いることです。歯の裏側で見えないのは厄介ですが、歯垢などが残っていないかを丁寧に確かめていきましょう。
そうは言っても、自分自身で取り外せないため、綺麗にするのが難しいかもしれません。そのため、定期的に歯医者でクリーニングしてもらうこともお勧めします。

ワンタフトブラシの画像

使用期間

リテーナーの使用期間は人によって異なりますが、約1〜3年かかります。目安として、矯正にかかった期間と同じだけと考えておくと良いでしょう。
矯正した直後の歯は動きやすくなっており、綺麗な歯並びを安定して保てるまでは、補助的にリテーナーを使う必要があります。リテーナーを使い始めたばかりの頃は、食事の時と歯みがき時を除く24時間の装着がより良いとされています。半年~1年が経過した頃から「夜だけ」「寝るときだけ」「週2~3日だけ」というように徐々に装着時間を短くしていき、1週間のうち数時間程度の使用となるように装着時間を減らしていきます。最終的にはリテーナーを外し、歯列矯正が完了します。
ただし、歯や歯茎、顎の骨は加齢によって変化します。だからこそ保定期間が終了した後も定期的に歯医者で後戻りしてないかチェックを受けることが綺麗な歯並びをキープするポイントです。

当院では、矯正の専門医が在籍しています。 歯並びでお悩みの方、矯正について詳しく聞きたい方はお気軽にご連絡ください。