インプラントと従来の治療の違い

それぞれにメリット・デメリットがあります

インプラントと従来の治療の違い 

抜けた歯をそのままにしていませんか?
抜けた歯をそのまま放置すると、抜けた歯のスペースを埋めるように隣の歯が倒れてきたり、歯並びや噛み合わせ、身体全体に影響がでてきますので早めの治療が大切です。また、既に歯がなくて、食事がしずらくなったり、発音がしにくく、喋りにくくなっている場合も治療で改善することができます。歯を失った方の従来の治療方では今までは「入れ歯」か「ブリッジ」という治療法が用いられてきました。
「入れ歯」は歯を失った部分の型を取り、それに合う人工の歯と人工の歯茎を作り、それ自体を金属のバネで自分の残った歯に引っ掛けます。歯の無い箇所が大きい場合に有効です。
「ブリッジ」は失った歯の両隣の歯を削って、そこを柱にして、人工の歯を上から被せます。歯と歯の間に橋(ブリッジ)をかけるので、ブリッジ治療と言います。ブリッジは入れ歯のように金属が目立つことがなく、浮き上がったりずれたりはしません。

そして、新しい治療法として「インプラント」が注目されています。
インプラントとは、人工関節でも使用されているチタン(歯を失ったあごの骨に体になじみやすい材料)で作られた歯根を埋め込み、それを土台にセラミックなどで作った人工の歯を取り付けたものです。残っている歯への負担がなく、天然歯と見た目も変わらず綺麗で、何でもしっかり咬めるという事に関してはどんなに精密に作った入れ歯やブリッジよりもはるかに優れています。また、インプラントは自費治療なのでとても高額というイメージがあるのではないでしょうか。しかし、ブリッジと入れ歯には隣の歯に負担がかかる、食べ物が挟まって不衛生になり虫歯になりやすい、など大きな欠点があります。
ブリッジの歯を入れるために支えとして削られた両隣の歯への負担が大きくなり、その歯の寿命も短くなります。例えば1本の歯を補うためにブリッジを入れたとします。数年後には負担がかかっていた両隣の歯も抜く事になる可能性が高くなり、治療費が結果、高くなってしまうという場合もあるのです。基本的にインプラントの場合失われた歯を補うために隣の歯を削ったり、過剰な負担をかける事は一切ありません。それぞれの治療法にはメリット、デメリットがあります。当院では患者様の症例やご希望に合わせて、一番適した治療方法をカウンセリング致しますので、安心してご相談下さい。

 

それぞれのメリット・デメリット

従来の治療法

ブリッジ

ブリッジ
メリット
・治療期間が短い
デメリット
・両隣の健康な歯を削る
・削られた歯への負担が増加
・歯を失った部分の骨が痩せていく

インプラントの治療法

インプラント

インプラント
メリット
・メンテナンスをきちんと行えば長期にわたって、機能と見栄えを維持すことができる
・天然歯に近い見栄え
・健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかからない
・顎の骨が痩せほそるのを防ぐことができる
・自然に噛むことができ、美味しく食べられる
・口元を気にせず、自然に話すことができる
デメリット
・健康保険が適用されない治療となる
・簡単な手術が必要

部分入れ歯

部分入れ歯
メリット
・治療期間が短い
デメリット
・金属のバネが見えて見た目が良くない
・金属のバネが健康な歯を傷つける恐れがある
・違和感を感じることがある
・歯を失った部分の骨が痩せていく

インプラント

インプラント
メリット
・メンテナンスをきちんと行えば長期にわたって、機能と見栄えを維持することができる
・天然歯に近い見栄え
・顎の骨が痩せほそるのを防ぐことができる
・自然に噛むことができ、美味しく食べられる
・口元を気にせず、自然に話すことができる
・入れ歯と異なりしっかり固定され、ずれなどによる不快感を解消
デメリット
・健康保険が適用されない治療となる
・比較的簡単な手術が必要

総入れ歯

総入れ歯
メリット
・治療期間が短い
デメリット
・入れ歯の安定が悪いとずれやすい
・硬い物を噛むと、入れ歯が歯茎を圧迫し痛みを感じることがある
・味覚に影響する場合がある
・入れ歯と歯茎の間に食べた物が挟まる場合がある
・顎全体の骨が痩せることがある

インプラント

インプラント
メリット
・メンテナンスをきちんと行えば長期にわたって、機能と見栄えを維持することができる
・天然歯に近い見栄え
・顎の骨が痩せほそるのを防ぐことができる
・自然に噛むことができ、美味しく食べられる
・口元を気にせず、自然に話すことができる
・入れ歯と異なりしっかり固定され、ずれなどによる不快感を解消
デメリット
・健康保険が適用されない治療となる
・やや複雑な手術が必要

インプラント専用お問い合わせ