歯を失うということ②

前回では、歯がなくなってしまうと6つのリスクがあるとお伝えしました。

今回は、その内の3つを詳しくご説明いたします。

 

①噛み合わせが変わる

歯が抜けると、隣の歯が 空いたスペースに向かって倒れてきたり 噛み合っていた歯が伸びてきたりします。

そうなれば、噛み合わせが変わってしまいます。

 

②顎の位置が変わる

歯のないままの状態で 食事中に片方の顎で噛む癖がついてしまうと、噛む力に偏りができて 顎の位置がずれて変形してきます。

顎関節症の原因にもつながり、顎がスムーズに動かなくなることもあります。

 

③顔の形が変わる

噛み合わせがが変わると 顎の位置がずれてしまうため、顔の形が変わってくることがあります。

また、歯が数本無いままでいると その部分の唇や頰の張りが無くなるため、お顔が老けた印象になります。

 

これらの3つは、食事の時に噛みにくくなる原因にもなってしまいます。

次回は、残りの3つをご紹介します。