歯茎の炎症と虫歯の治療

歯茎は、炎症を起こすと出血することがあります。
もし歯ブラシの時 出血するのなら、歯周病を疑ってみましょう。
プラーク汚れなどが原因で、歯茎が弱っているのかもしれません。
その場合、歯科医院で行う 虫歯の治療中や、クリーニング時でも、歯茎へのちょっとした刺激で出血が起こり得ます。
大抵の場合はすぐに血が止まりますが、炎症がひどい場合、まれに出血し続ける事もあります。
お身体に影響は有りませんが、歯の詰め直し、型取りなどが難しくなってしまいます。
どうしても止血しない場合、続きを後日させて頂くケースも有ります。
また、歯茎の炎症が収まるまで 虫歯の治療を始めない事もあります。
虫歯になってしまったのに、スムーズに治療が進まない…
こんなことにならないためにも、歯周病予防をしっかりしましょう。
当院では、いつでもブラッシングのコツをお教えさせて頂きます!