骨造成手術(CGF・AFG療法)

失った骨がよみがえる骨造成手術

歯周病や入れ歯の長期着用などの理由により、インプラント体を埋め込むのに必要な骨が不足していることがあります。骨の少ない状態でのインプラントの埋込みは難しく、骨の少ない場所にインプラントを埋入すると骨がインプラントを支えきれずインプラントが外れてしまいます。それを解決するために、欠損してしまった骨や歯肉を再生する為の骨造成技術である再生治療を『CGF・AFG療法』と言います。
CGFとAFG療法とは患者の血液から、損傷された組織の再生・治癒に働く『成長因子』を取り出し、骨を再生するという治療です。従来の治療法では患者から採取した血液からPRPという血漿を作成し、これを移植した骨に混ぜることで、治癒力を促進する方法が勧められてきました。しかしこの方法ではアレルギーや感染の可能性がある添加物を使用する必要がありました。それに比べ、CGF・AFG療法は完全自己血液由来なので、添加物を一切加えずに感染を防止することができて安全です。また、治療期間を大幅に短縮すると共に術後の痛みや腫れを抑えることができます。

遠心分離機 血液を遠心分離機から取り出しているところ 分離させた血液を抽出しているイメージ写真

CGF療法とは

自己血液フィブリングゲルと言って、血液の凝固に関わるゼリー状のタンパク質です。
損傷された組織の再生・治癒に働く「成長因子」を多く含んでおり、止血の中心的な役割を担っています。患者さんご自身から採血した血液を、添加物を一切加えず特殊な遠心分離にかけて作製します。ノリのような粘着性があるので、圧力を加えて薄くのばし、造骨する部位を覆う膜として使うことができます。

AFG療法とは

血液をサラサラにする役割の血液凝固剤が入っておらず、自然状態に最も近い血漿のことです。血漿は血液の液体成分のことをいいます。血漿の働きは、栄養分や二酸化炭素、ホルモンなどの運搬の役割をしています。AFGに骨補填材(骨再生に用いられる材料)を混ぜることにより、柔らかな骨のような状態になるため、造骨したい部位に合わせてカットして骨の欠損部分に移植することができます。

CGFとAFG療法のメリット

  • 1.損傷された組織の再生・治癒に働く「成長因子」を非常に多く含む血小板がさらに濃縮されているため、骨の少ない場所に使用すると再生が早まる。
  • 2.抜歯箇所の止血や保護、感染防止などに役立つ。
  • 3.ご自身の血液だけで作製できるので、拒絶反応アレルギーなどが出にくい。

CGFとAFG療法とその治療の流れ

1

インプラント手術当日に患者様の腕から採血(約10ccほど)します。

血液を採取しているイメージ写真

2

患者様の血液を専用の遠心分離機に13分ほどかけて、血液中の有用な成分であるCGFとAFGを抽出します。

血液を遠心分離機にかけてCGFとAFGを抽出する

3

インプラント埋入後に増骨したい部位にAFGを移植します。

4

CGFで造ったメンブレン(膜)で覆い、最後に歯肉を縫合し、骨が造られるのを待ちます。