虫歯治療

それぞれの患者様に最適な治療方法を

当院では、歯をできるだけ削らず、できるだけ痛くない治療を目指しています。虫歯治療の場合、事前のカウンセリングをしっかりと行い、一人一人の患者様に満足・安心していただける治療を進めていくようにしています。現在の発達した医療方法を駆使し、患者様にあった治療法をご提案し、ご安心して治療していただける技術で進めています。
皆様に歯の大切さを知っていただくためにも、歯の状態や治療内容などをわかりやすくご案内し、歯磨き指導までサポートいたします。一生使える自分の歯を作ることを目指し、サポートしていきたいと考えております。

歯を削らない治療法はこちら

虫歯の原因

虫歯の原因は細菌による感染症です

虫歯の原因は細菌(S.ミュータンスやS.ソブリヌス等)による感染症です。これら虫歯菌が砂糖を分解し、多糖体・グルカン(デキストラン)という物質をつくり、歯垢、さらにはバイオフィルムという虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊を形成することから虫歯は始まっていきます。

虫歯の進行

C0 : 初期の虫歯

初期の虫歯の画像

ほとんど目立つことはなく日常の歯磨きや再石灰化で完治することができますが、油断は大敵です。

C1 : エナメル質の虫歯

エナメル質の虫歯の画像

歯の表面のエナメル質が黒ずみ始めた状態です。まだ痛みは感じません。
表面の黒ずみを削り樹脂を被せる治療を行ないます。

C2 : 象牙質に達した虫歯

象牙質に達した虫歯の画像

虫歯が象牙質まで達した状態です。多少痛みを感じたり、冷たいものがしみはじめたりします。
虫歯に侵された患部を削り詰め物・被せ物による治療を行ないます。

C3 : 歯髄(歯の神経)に達した虫歯

歯髄(歯の神経)に達した虫歯の画像

虫歯が歯髄にまで達した状態です。激しい痛みがあり早期の治療が必要になります。
治療には麻酔を用い患部を削ります。削った後は詰め物・被せ物による治療を行ないます。

C4 : 歯冠が崩壊した末期の虫歯

歯冠が崩壊した末期の虫歯の画像

歯の形状が崩壊してしまいます。神経も懐死しているので痛みはないですが、菌が全身に回る恐れがあるので早急な治療が必要です。
歯髄の洗浄と場合により抜歯を行ない、失った歯を補う治療のご提案をします。

虫歯はいつできるの?

歯が生え始めて約2年間は特に注意を

永久歯の場合、多くの虫歯は歯が生え始めて2年の間にしか発生しません。また、乳歯の虫歯は1年半の間に発生し、それ以後なかなかできにくいものなのです。歯が生え始めてから2年間の間は、歯ブラシとフロスとフッ素による予防処置をする大切な時期なのです。一番奥の歯が生えるのは12歳頃ですから、歯ブラシやフッ素洗口法による予防は12歳まで、3~4ヶ月毎に行うことが必要です。

虫歯の治療法

虫歯には3つの治療法があります

つめる治療
これは小さな虫歯などに行います。プラスティックや合金などを使ってつめます。以前は体に有害な金属をつめる治療もありましたが、当院では健康で審美的な治療を心がけ、セラミックでの治療を行っています。
かぶせる治療
神経をとった時や、歯の表面にたくさんの虫歯があるときなどに行います。以前は、主に金合金や銀合金を使ってかぶせていましたが、当院では健康で審美的な治療を心がけ、セラミックでの治療を行っています。
欠損を補う治療
何らかの理由で歯を抜いた後や、歯の欠損部に行われる治療です。少数の欠損ではブリッジをします。金銀合金や審美性を考慮してセラミックなどで欠損部を補います。多くの歯が欠損している場合は、取り外しの入れ歯を入れます。入れ歯で違和感が強い方には、インプラント(人工歯根)治療を行っています。

虫歯の症状は、まずエナメル質表面の白濁から始まります。この状態ではまだ自覚症状がないので放置しがちです。初期段階で虫歯治療ができるよう、定期的な歯科検診をお勧めしています。そして次に、冷たい物がしみるようになります。さらに深くなり象牙質に達すると、食べ物の圧迫によって激痛を発するようになります。さらに進行すると歯髄炎を起こします。歯髄神経が細菌に感染してしまうと、熱いものや冷たいものなどの刺激で激痛が走るようになります。

根管治療(根の治療)

根管治療
できるだけ歯を残す治療を

根管治療とは

根管治療とは、歯の神経(歯髄)に対する治療のことで歯内療法ともいいます。感染した歯の内側の組織を取り除き、消毒した歯の空洞(歯髄腔)に詰め物(充填)をするのが一般的な治療の流れです。歯を残すための保存療法の一つとされ、ご自分の歯を大切に使うために行います。

「歯がズキズキ痛い!歯医者さんに行かなくちゃ」という場合、歯髄炎などの病気が考えられます(他の診断もありえます)。このほか、痛みがなくても歯の根の先に膿が溜まっているなど、歯の神経(歯髄)の感染がおきているケースなどで根管治療が必要となります。

マイクロスコープによる根管治療

最先端の根管治療の技術に、顕微鏡を見ながら歯の中の状態を確認して行う「マイクロスコープ治療」があります。さらにその際、より清潔に処置できるよう歯に留め金(クランプ)をつけ、ラバーダムというラテックスの膜を使用してお口の中の唾液や汚染から治療を行う部分を守る処置を行います。

歯のレントゲンを撮った時に、歯の内側にある黒い細い線の影を見たことがあるかもしれません。その線は歯の神経(歯髄)が入っている管(根管)の形で、細く弯曲していたり、枝があったり、網目になっていたりします。

歯の外側からはあまり見えない歯の内側の治療を、これまでは歯の内側をきれいにするために細いやすりのようなリーマーやファイルを使って、歯科医師の経験と職人的な技術に頼りながら行ってきました。

マイクロスコープを用いた根管治療では、医療用の精度の高いレンズを用いて歯の根管の内側を拡大し、目で確認しながらきれいにする治療を行います(保険適応には状況の規定があります)。

以前はレントゲンだけで見つけることが難しかった複雑な根管の枝が見つかったり、歯科医師の指の感覚で探っていた内側の感染を染色によって正確に取り除いたりすることなどができるようになりました。このような繊細な技術を習得するために歯科医師は研鑽を積む必要があり、日々努力しています。

ただし、マイクロスコープ治療を行っても治癒しないケースがあります。また、リスクとしてラテックスアレルギーのある方はラバーダムで症状が出る可能性があります。

根管治療で治療回数が多くなってしまう理由

根管治療を受けるとなると、歯科医院に通う回数が多くなるといわれることがあります。数回で治るものもありますが、状態が重い場合には治すのが難しいときもあるのです。 たとえば、歯の形は前歯から奥歯までそれぞれ異なりますが、特に、奥歯の根の内側が複雑な形をしているケースなどでは、細菌による歯の根の感染を取り除くための器具や、薬品を届かせるのが難しい場合があります。

また、歯の根の先端の外側に感染が進むと、歯の内側の細菌がなくなって治癒するまでに時間が必要になったり、治らないこともあるでしょう。

このような際、手を尽くしてご自分の歯をなるべく残すために根管治療の回数が増えたり治療期間が長くなる場合があります。

どのくらい治療期間がかかるか、あるいは現在の治療の流れや状況などを、わかりやすく治療の際にご説明させていただきます。悩まずにどうぞお気軽にお尋ねください。

根管治療に関するよくある質問と回答

どこのクリニックでも同じ治療を行っているのですか?
クリニックによって治療は異なります。アメリカなどでは、歯の根の治療(歯内療法)だけを行うエンドドンティストという専門医がいます。それくらい根管治療には難しい技術が必要とされるのです。当院では必要に応じて、唾液やお口の中の汚染から治療する部分を守るラバーダムを使用し感染予防に努めています。また、マイクロスコープによる根管治療も可能です。
根管治療はなぜ必要なのですか?
ご自分の歯を長く残すためには、複雑な根の中の細菌感染をしっかり取り除く必要があります。歯が失われても義歯や前後の歯をつなぐブリッジ、骨に埋めるインプラントと言った治療法はありますが、失われた歯が元に戻ることはありません。歯を失うと食べ物に制限が出来たり、歯並びや顔の見た目が変わってしまうリスクがあります。ご自分の歯を大切にするという観点では保存治療である根管治療に取り組むことを選ぶ意味があるのです。当院では、そのような方のご希望にお応えできるよう、様々な治療法を用意しています。
治療中、口にかける金属の棒は何ですか?また、その機械がたまにピッピと鳴っている気がします。
根管長測定器という歯の中で使うファイルなどの器具が歯の根の先まで届いていることを、電気抵抗値を利用して確認する機械の音です。精密で正確な治療を行うために使用しています。根の治療の最終段階で、この機械によって歯の根管の長さを調べて緊密に歯の根管の空洞に薬剤を詰めるためにも利用されます。
マイクロスコープやラバーダムは大がかりに見えるのですが、治療を受けるのは辛くないですか?
初めて見ると、マイクロスコープやラバーダムを使った治療を受けるのは苦しいのではないかと思われる方もいますが、ご自分でお口を長い時間開けているよりも楽だという声も少なくありません。治療した結果を長くいい状態に保つためには、建築で言えば基礎工事にあたる、普段は見えない土台の緻密な治療が大切です。当院でも必要に応じて、高度な技術を要するマイクロスコープによる根管治療を行っています。

元町院へのアクセスについて

〒650-0004 神戸市中央区中山手通4丁目1-11廣川ビル1F

電車でお越しの方

  • 神戸市営地下鉄 県庁前駅から徒歩約 2分
  • JR神戸線・阪神本線 元町駅から徒歩約 5分
  • JR神戸線・阪神本線・阪急神戸本線 三ノ宮(神戸三宮)駅から徒歩約 8分
  • 阪神本線 花隈駅から徒歩約 11分
  • 地下鉄海岸線 旧居留地・大丸前駅から徒歩約 8分
  • 地下鉄海岸線 みなと元町駅から徒歩約 11分

元町駅からのアクセス

※写真をクリックすると、拡大表示されます。

  • 元町駅からのアクセス
  • 元町駅からのアクセス
  • 元町駅からのアクセス
  • JR元町駅東口の広場を兵庫県庁側へ、セブンイレブンを目印に左前方に抜けてください。
    横断歩道をわたり、コープを目印に山側へ鯉川筋を直進してください。
    左手に「神谷歯科」分院がありますが、そのまま少し直進し、左へ曲がったところにある本院にて受付をお願いいたします。

三宮駅からのアクセス

阪急電鉄神戸三宮の東改札口、JR三宮駅の東出口7番を出て、山手線の線路沿いを西に7分ほど歩きます。山口銀行の前の交差点をトアロードの方にわたり、少し西に進みます。下山手通3丁目の交差点を右に曲がり北に坂道を登っていきます。興誠ビルとビルの間の道を左にまがって真っすぐ進むと鯉川筋に出ます。鯉川筋を挟んで信号を渡ったら神谷歯科医院です。

県庁前駅からのアクセス

※写真をクリックすると、拡大表示されます。

  • 県庁前駅からのアクセス
  • 県庁前駅からのアクセス
  • 県庁前駅からのアクセス
  • 改札口を出て左へ、東出口1から地上へ上がってください。
    階段を上がって右側に進みます。左前方にコープが見えるまで直進すると、右側に「神谷歯科医院」の受付があります。
神谷歯科医院院長

【こちらの記事の監修医師】

神谷 直彦

神谷歯科医院 歯科医師 院長

トップへ戻る