設備

高性能歯科用CT

治療用の高性能歯医者用CT

従来のX線写真は2次元的な平面での診断しかできませんでしたが、歯科用CTスキャンでは3次元の立体画像でのレベルに変わるので、より多くの情報が得られます。CTモード以外にもパノラマ、セファロ、上顎洞、顎関節の撮影ができます。インプラント、虫歯治療、矯正歯科、顎関節症等、幅広い症例を1台で診断することが可能です。


【当院の歯科用CTスキャン「AUGE(オージェ)」の特徴】
最先端技術による「高精細画質」 従来の歯科用CTの画像スライス幅は0.5mm~1mmの画像で構成されており、これでは歯の形や歯根の状態の観察には精度が低く不十分でした。 それに比べ歯科用CT『AUGE(オージェ)』は、朝日レントゲン工業が 開発し、画像の スライス幅はなんと0.1mmと画期的なスライス幅で構成されております。 そのため、非常に精度の高い検査を行うことができるようになりました。 また、歯科用CTは口腔内を高い精度で診断するための撮影装置ですが、患者さまはそのために放射線を被爆しなくてはいけません。 現在、最新の歯科CTの被爆量は医科用の10分の1ともいわれており、安全性は高いですが撮影範囲の狭い機種や画質の悪い歯科CTなどでは、失敗によるCTの再撮影もしばしばおこなわれています。 最新鋭歯科CT「AUGEオージェ」では予備撮影機能により撮影範囲を画像で確認することができ、 パソコン上で撮影範囲を修正することができます。 そのため、診断を行いたい部位を正確にとらえて撮影することができます。

手術(オペ)室

歯医者の手術室

通常の診療スペースとは別に、インプラント専用の手術室を完備しています。インプラントに伴う外科的処置を清潔な環境下で行うことができます。 院内感染防止に努めた医院設計をしており、感染経路を遮断することに力を入れています。
また、器具の洗浄機・滅菌パック・滅菌器で感染対策を行い、患者さんが安心してインプラント治療を受けられるよう衛生管理も徹底しております。インプラント手術中の患者様の脈拍や血圧を観察する生体管理モニタを設置しております。手術中に万一の事態が発生した場合も、対応できます。

最新のチェア

高性能歯医者用最新チェア

長時間の治療でも無理のない姿勢ができたり、快適に治療を受けられるよう、人間工学に基づいた様々な工夫が施されています。患者さんの不安を和らげ、快適さと心地よさを提供するチェアユニットです。電動式のヘッドレスは頭部を安定させた状態で角度を調整でき、患者さんの負担を軽減しながら水平位におけるドクターの口腔内視野を確保します。足元のジョイスティックスイッチで手を使わずヘッドレストの角度を変えられるので、衛生的です。

CAD/CAM 刀(katana)

高性能歯医者用CAD/CAM

CAD/CAMとは、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・作製するシステムのことです。歯の詰め物や、修復物を作るときに、歯型を取った経験がある人がいるのではないでしょうか。正確なものを作るために長時間口の中を調べたり、何度も通院したりするのは大変です。 しかし、CAD/CAMを導入している当院であれば、そのような面倒くさい工程が必要なくなります。 立体スキャナーで歯型を読み取って、コンピューターに転送するだけで、あとはCAD/CAMが正確できれいな修復物を作ってくれます。時間もだいたい1時間程度で済み、外部の歯科技工所に作製を依頼することもないので、費用も安く済みます。またコンピューターで作るため精度も高く、きれいな仕上がりになるなど、患者様にとってうれしいことが増えます。しかし、いくら性能のいい設備機器があっても、それを使いこなせる人材がいなければ意味がありません。最新の設備機器のパフォーマンスを最大化するためには、歯科技工士が豊富な経験と卓越した技術を備えている必要があるのです。当院では、CAD/CAMを導入するのはもちろん、経験豊富な技工士を揃え、設備と技術の融合を図っています。

歯科用レーザー

歯医者用レーザー

CO2(炭酸ガス)レーザーは、通常のメスや電気メスに比べ組織への侵襲が少ないため、組織皮下層へのダメージが少ないと言われています。レーザーには切開の他にも鎮痛、殺菌、消毒、止血、消炎など多くの利点があります。さらに、治療効果だけでなく、体に対する負担が少ないという点で患者様にとっても大きなメリットがあります。レーザー照射により、痛みや腫れの期間が以前よりも短縮できる効果があり、また、レーザーの波長を変えることにより、いろいろな治療に活用できます。
【効果が期待できるもの】抜歯後の痛みの緩和、止血効果、治癒促進、腫れている部位の切開、治癒の促進、口内炎の痛みの緩和、治癒促進、知覚過敏症の症状緩和、根の治療の痛みの緩和、治癒促進、歯肉が黒くなっている部位(色素沈着)の除去、歯の漂白効果(ホワイトニング)、顎関節症の症状緩和

口腔内カメラ

歯医者用口腔内カメラ

神谷歯科医院では分かりやすい治療を心がけるために、できるだけお口の状態を知っていただくために、デジタル口腔内カメラを用いて治療を行っています。口腔内カメラは細いスティックのような形状で、とてもコンパクトなので簡単に口の中の患部の撮影することができます。撮影した患部の画像は、治療台に備え付けのモニターに 直ぐに映し出して、今まで分かりにくかった、口の奥や歯の凸凹などが簡単に見ることができます。患者さんは 自分の口の撮影画像を見ながら説明を聞けるので、分かりやすく 自分の口の状態をしっかり理解することが可能になります。  当院の最新の口腔内カメラ「アインシュタイン・ルミカ」は130万画素で数歯までの近づいた撮影に適しており、むし歯や歯肉の状態 治療の経過の説明に利用します。コードレスタイプである為、機動力に優れ、日々の治療の際に最も活躍しています。

歯髄診断器

歯医者用歯髄診断器

むし歯を放置すると、原因細菌の作る毒素や、細菌自体が歯の内部にある神経(歯髄)まで到達し、歯髄炎を引き起こします。比較的症状が軽い段階であれば治療の結果、完治する事も多少は期待できますが、症状が進行している場合は根管治療と言って、問題となっている歯髄を取り除き、歯の内部を洗浄・消毒することで炎症を抑えます。更に歯髄炎を放置すると、歯髄が死んで「歯髄壊死」の状態になり、強い腐敗臭や口臭として現れます。その場合骨髄診断機はそのような歯髄の生死を判定するための信頼性の高い機器です。電気歯髄診断器を用いて弱い電流を歯に通電して電気的刺激を与え、歯髄神経を刺激して誘発させた痛みあるいは違和感の有無によって、歯髄の生死を判定する診査法です。問題となっている歯を抜歯せざるを得ないこともあります。

アネジェクト(電動麻酔)

アネジェクト電動麻酔)

AnaejectⅡという小さくて軽いペングリップスタイルの電動麻酔器です。注入速度(開始時は低速でその後、ゆるやかに注入速度が上昇)、注入圧力をコンピューターが自動的にコントロールすることで痛みを抑え、注射も楽におこなえます。また、注入速度を維持するために、組織の硬さに合わせて注入圧力は自動的に変化します。従来より注射時間を短縮でき、注入量をリアルタイムに確認することもできます。ゲージ(針)の大きさも多数そろえていますので、痛みの心配なく麻酔を受けていただいています。