歯に食べ物が詰まりやすくなった・・・
歯磨きとクリーニングの大切さ

食事の際に、歯に食べ物が詰まると気になって仕方ないですよね。 今回は、その原因と解決法を紹介していきます。

歯に食べ物が詰まりやすくなる原因

1.歯の隙間、段差がある

歯は毎日の噛み合わせによって少しずつ移動しています。その移動により、歯と歯の隙間が広くなると、食べ物が詰まりやすくなります。 特に、もともと歯並びやかみ合わせに異常がある場合には、歯と歯の間や段差が悪化することがあります。 また、虫歯治療で以前と噛み合わせが変わっていると、自然と噛み合わせやすい位置に歯が移動し、隙間が広がることがあります。 その他に舌癖と言って、舌に異常な癖があり、常に前歯に舌が触れている、上下の歯の間に舌を挟む癖があるような場合には、歯が少しずつ前に押し広げられていき、結果的に歯と歯の隙間が広がってきてしまいます。

2.歯が動揺している

一見見た目では隙間がないように見えても、歯がぐらついていると、食事で食べ物を噛みこんだときに歯と歯の隙間が広げられ食べ物が詰まることがあります。 動揺の原因はほとんどが歯周病によるものです。

3.歯周ポケットができている

歯と歯茎の間に食べ物が詰まりやすい原因の多くは、歯周ポケットができていることでしょう。 歯周ポケットとは歯と歯茎の病的な隙間のことで、4mm以上の隙間ができている場合を指します。(健康なポケットは1〜3mm) さらに歯周病により、歯茎に弾力が失われていると、その歯周ポケットがパカパカと開きやすい状態でポケット内に食べ物が押し込まれやすくなります。

歯に食べ物が詰まっている画像

食べ物を詰まったままにしていると・・・

歯周病になる

歯周病とは、数多くの細菌(磨き残し)の塊=プラークから出た毒素等が原因で、歯肉に炎症が起きてしまっている状態のことです。 炎症が起きて化膿すれば、歯を支えている根っこ部分が緩みます。歯と歯の間に食べ物が詰まったまま放置すると、歯や歯肉が圧迫されて隙間がさらに大きくなり、次の食べ物が詰まってしまうのです。こうした悪い循環が続けば、歯周病は急速に進行します。 初期の歯周病には痛みがほとんどありません。気づかない内に歯を支える歯肉が衰え、歯が抜けやすくなってしまいます。

むし歯になる

歯に詰まったままの食べ物は、むし歯菌にとってごちそうです。特に、歯と歯の間に食べ物が詰まってむし歯になった場合は要注意。外から見えず治療しづらい場所にあるむし歯は、重度化しやすいです。

食べ物が詰まりやすくなった時の対策

1.フロス・歯間ブラシの使用

歯と歯の間に食べ物が挟まった状態が長時間続くと歯茎の形が変わっていってしまい、さらに食べ物が挟まりやすくなります。 ですので、食後は歯間ブラシやフロスを使用し、歯と歯の間の食べ物をすぐに除去するようにしましょう。 このとき、歯間ブラシを使用する場合には、必ず適切なサイズのブラシを選び、歯肉を強くこすらないようにしてください。 大きすぎるブラシを使ったり、硬い歯ブラシで圧をかけながら歯磨きをすると、歯肉が傷ついたり歯茎の退縮、知覚過敏を引き起こす原因となります。 優しい力でもしっかりと歯の面に沿って磨くと歯垢は除去することができるので正しく歯ブラシをあてることが重要です。

<正しい歯磨きの仕方>

  1. 歯ブラシの毛先が歯の面に当たった時に毛先が広がらない圧で磨きます。
  2. 奥歯の面を磨く場合は小刻みに歯ブラシを動かし溝の歯垢を除去します。
  3. 奥歯の裏側は歯ブラシが届きにくい場所です。少し斜めに歯ブラシを入れ、前後に小刻みに動かします。
  4. 歯の表面を磨く場合は歯ブラシを直角に当てます。
  5. 歯茎の際を磨く場合は歯ブラシは45度に傾け、歯と歯茎の間を優しく磨きます。
  6. 前歯の裏側は唾液腺があるため磨き残しが歯垢になりやすい箇所です。
  7. 歯ブラシは立たせて面に歯ブラシの毛先が当たる様意識してください。
  8. 歯と歯の隙間はデンタルフロス、歯間ブラシを使いましょう。
  9. 歯間ブラシは自身に合ったサイズを選ぶことが、ポイントです。
正しい歯磨きの仕方の画像

2.歯科医院での歯周病治療

日本では成人の8割がかかっていると言われる歯周病。他人事ではありません。 歯が動いている、歯周ポケットがあるといった歯周病には歯科医院での専門的な歯周病治療が必要になります。 歯周ポケット内の清掃をしたり、歯石の除去をすることで、歯の動揺、歯周ポケットの改善が期待できます。歯の動揺が収まり、歯周ポケットがなくなれば、歯と歯の間に食べ物が詰まる、歯と歯茎の隙間に食べ物が挟まるといったことも少なくなるでしょう。

3.歯科医院で被せ物の作り替え

歯科で治療した被せものを作り替えるという方法で、歯と歯の隙間をきつくすることができ、食べ物が詰まるのを改善できることがあります。

4.歯列矯正

歯全体がすきっ歯になり食べ物が詰まりやすいという場合や、歯並び、噛み合わせに問題がある場合には歯列矯正という方法もあります。 特に、舌癖などで歯全体が動いてしまっているような場合には、舌癖を改善するようなトレーニングと同時に、歯列矯正を行うと有効でしょう。

歯磨きをしている画像

当院では歯周病治療や矯正治療にも力を入れています。 最近食べ物が詰まりやすいとお悩みの方、お気軽にお問い合わせください。