神戸にある大人向けの矯正歯科

歯の矯正の重要性

歯の矯正というと、子どものうちに行うもので、時間が非常にかかるものだというイメージがあります。
たしかに幼少時から対策をしておけば、治療内容が比較的簡単で抜歯や手術の可能性を減らせますので早めに始めると負担が少なくて済みます。
かといって、成人してしまったから矯正は不可能だとか、とてつもなく時間がかかり負担も大きいのかというと、そんなことはありません。それよりも、歯並びや咬み合わせの悪さを放置しておくことのほうに問題があります。 歯の矯正は歯並びと咬み合わせを整えるための治療ですが、見ためを美しくするためだけに行うのではなく、健康を長く維持するために必要不可欠なものです。
歯並びが良くないと歯磨きがしにくくなりますので、結果的に虫歯や歯周病などの様々なトラブルを発生させやすくなります。咬み合わせが悪いとさらに深刻で、歯の摩耗や口内炎といった口の中の症状だけではなく、頭痛や肩こりをはじめ耳鳴りや不眠症、ひどくなると自律神経失調症さえも引き起こす可能性が出てきます。 神戸で矯正を取り扱う神谷歯科医院であれば、一般歯科、矯正歯科、口腔外科が一つの医院内で連携していますので虫歯の治療と矯正を並行して進められます。虫歯を治しに来たついでに気になっていた歯並びについて相談したり、咬み合わせに不具合を感じて診てもらったら虫歯が発見されたり、歯の治療についてトータルにお任せできるのが大きな特徴です。 歯や歯ぐきの不調ばかりに目を向けて歯並びや咬み合わせについてあきらめたりせず、一度気軽に相談に乗ってもらってみてはいかがでしょう。

矯正の写真

ブラケットを使用した全体の矯正よりも短期間で行える矯正方法

社会人としてまわりと接する場面で、特にサービス業であればことさらに自分の歯並びが気になってくるものです。特に前歯は話しているときや笑顔のときに相手の目につきやすく、気にしている人は少なくありません。前歯が1本だけ傾いていたり、少し重なっていたり、逆に歯と歯の隙間が開いているなどの場合に適しているのが「部分矯正」です。
全体の矯正に比べると短期間での治療が可能ですので、 就職活動や結婚式などのイベントごとの前に短期間でキレイにしてイメージアップしたい方にお勧めです。
次に、「部分矯正」の中でも人気の高い矯正方法を紹介致します。

【①マウスピース型矯正装置】
マウスピース型矯正装置とは、透明に近いマウスピース型の矯正装置(取り外し可能)を歯に装着して歯並びを矯正する矯正方法の一つです。目立ちにくく、お手入れもしやすいです。

【②歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療】
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療とは、人工歯をアゴの骨に埋め込むインプラント技術を活用して行われる、歯の矯正治療です。矯正用のアンカースクリューを埋め込む時間は1本あたり約5分~10分と短時間で終わります。

▶︎ 「部分矯正・歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療についての詳しい説明はこちら」>>


歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療のメリット

1.抜歯せずに矯正治療を行える場合がある。
今までの矯正治療よりも、歯に強い力をかけることができ、移動距離が大きくできるために今まで抜歯して行っていた治療を抜歯せずにできる場合がある。

2.歯の移動効率が高く、矯正の治療期間を短縮できる。
インプラントを使うからこそ強い力で歯列全体の移動ができ、一般的な矯正より短時間で歯並びが整えられます。

3.複雑な装置を使わないで済む
今までの矯正方法は1本の歯を動かすのに多くの歯に矯正装置を装着するので、違和感や話しにくさ、虫歯になりやすいなどのデメリットがあります。インプラント矯正は動かしたい歯にだけ矯正装置をつけるため、違和感が少なく治療ができます。

カウンセリング

4.アレルギーの心配がない
矯正用インプラントの材質には、人体に一番親和性の高いチタンが用いられているので、 金属に敏感な方でも安心です。

問題のない歯に負担をかけず短期間で効率的に歯並びを直せます。 「インプラント」と聞くと、「痛い」「怖い」とイメージを持つ人がいるかも知れません。
ですが、実際のところ、処置の際にはほとんど血も出ず、歯を抜いたり削ったりする時の様な痛みはまず感じません。インプラント撤去時も麻酔無しでも痛みもありませんし、
矯正のための人工歯根は矯正終了後に取り出しても跡も残りません。

今回は歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療についてお話ししましたが、様々な矯正方法があり、医師との相談のもと自分の症状・目的に合った矯正方法を選びましょう。
歯並びが良くなることで、見た目だけではなく、口腔内の衛生面や歯の噛み合わせも良くなります。正常で活発な噛み合わせは、老化を遅らせ、全身の健康維持することに繋がっていくのです。


晴れの日に向けての矯正

女性なら誰しも、自分の結婚式では最高に美しい姿で招待客の前に立ちたいものです。結婚式に向けてエステに通い肌を調えたり痩身プランを組んだりするのと同じように、「美しい口元で笑いたい!」と綺麗な歯並びに憧れ、歯の矯正も多くの方が利用します。 晴れ姿を記録に残そうと、たくさんのカメラが一斉に自分たちへと向けられたとき、あなたは自信を持って笑う事ができますか? なかには、普段から歯並びや歯の黄ばみを気にして口を開けて笑う事を躊躇してしまう方もいらっしゃるのではないかと思います。 しかし、一生に一度の結婚式の日くらい、気兼ねなく思い切り笑いたいですよね。

花嫁の写真

当院では結婚式を迎える方に向けての矯正プランがあります。 まず、結婚式や、前撮りの日取りに合わせて、目標を定め、治療計画をご提案致します。
結婚式まで時間がない場合、人の目に触れる前歯部分を優先的に治療を行います。結婚式の日から逆算してブラケットを装着して直前に外し、式直後の新婚旅行中は透明のマウスピースで歯を固定しておいて、全てが終わったら矯正を再開するという方法をとります。もし抜歯して隙間ができてしまっても、仮歯を装着するので安心して式に臨めます。 矯正と並行して歯も白くしたい場合は、ブラケット装着なら式の直前にブラケットを外した際にホワイトニングを行い、マウスピース型矯正装置なら式の前にホワイトニングジェルの併用が可能です。マウスピース型矯正装置もホームホワイトニングも、使用する装置はマウスピースなので、マウスピースにホワイトニング剤を入れておくことで、矯正もホワイトニングも同時にできるというわけです。

矯正開始は早ければ早いほどより良い効果を実感できますので、前歯であれば少なくとも3カ月から6カ月ほどは必要になります。結婚式について考え始めた瞬間から、同時に歯の矯正もスタートさせるくらいの余裕があると理想的です。 結婚式当日に招待客をステキな笑顔で迎えることはもちろんですが、結婚の前撮りや式当日の写真は一生残ります。そして、結婚式後も笑顔に自信を持ち続けるために、今後の健康のためにも歯全体の矯正に取り組み続けるのが良いでしょう。

結婚式の撮影写真


▶︎結婚式前に歯を美しくしたい方へ参考ブログはこちら
2019.1.29「気になる!ホワイトニング情報」>>
2018.12.10「目立ちにくいマウスピース型矯正装置とは?」>>