歯の根や歯茎のたまった膿はどうしたらいい!?

膿がたまる原因とその症状

歯茎のトラブルの中には、腫れや出血のほかに、膿がでる排膿という病気があるのをご存知ですか? 歯茎からの膿は不快なだけではなく口臭の原因にもなるため、早めに原因を突き止めてしっかりと対処していきましょう。
歯茎から膿が出る原因として、主に以下の3つの疾患が考えられます。

1.歯周病

歯茎から膿が出る原因の多くは歯周病です。
歯周病は、歯茎の炎症である「歯肉炎」から始まり、歯茎全体が腫れる「歯槽膿漏」になります。はじめはほぼ自覚症状がないことが多いですが、膿が出るようになるのは、歯周病が「中度」「重度」まで進行している状態です。歯茎の炎症がひどくなると、体内の免疫細胞である白血球が歯周病菌への攻撃を始めます。その際にできた白血球や歯周病菌の残骸が膿の正体であり、歯と歯茎の隙間から口腔内へ排出されるのです。
歯周病の進行に伴い歯周病菌が増殖するため、より多くの膿が排出されるようになります。口腔内に溜まった膿は不快感だけでなく、口臭の原因にもなります。また、歯が動揺してきて最終的には歯を抜かなければならなくなってしまいます。

2.根尖性歯周炎

虫歯の進行を放置しておくと歯根の先まで蝕まれてしまい、歯の神経が死んでしまいます。虫歯が神経にまで到達すると激しい痛みに襲われます。
この痛みをがまんし続けると、やがて神経が死に痛みを感じなくなります。死んだ神経はやがて腐っていき、次期に歯の根の先に膿がたまります。
膿は、顎骨内で徐々に大きくなり、歯茎を突き破って排膿することもあれば、排膿が起こらない場合もあります。排膿が起これば、顎骨内の圧が減り、違和感程度でとどまるケースがほとんどですが、排膿が起こらない場合は、膿の出口が存在しないことにより顎骨内で強い圧がかかるため、突然立っていられないほどの激痛に襲われる危険性があります。

3.歯根破折

歯茎の内部にある歯根が割れてしまうことを、歯根破折といいます。重度の虫歯によって神経を失ってしまった失活歯に起こりやすく、膿が出るだけではなくちょっとした衝撃で割れてしまう可能性があります。神経があれば、割れた痛みによって早めの対処が可能となりますが、痛みを感じずにそのまま放置してしまうと、その隙間に細菌が入り込んで増殖し、炎症や排膿の原因にもなります。

つらい時の対処法とNG行動

痛みに対する対処法

痛みがでて、すぐに歯科医院に行くことができればいいですが、それが無理な場合は薬剤師さんによく相談し、市販の頓服薬を服用するようにして下さい。

腫れに対する対処法

腫れた部位をあまり触らないようにして下さい。お食事も反対側でするようにして下さい。歯磨きも控えるのではなく、柔らかいブラシで丁寧にブラッシングするようにして、お口の中の状態を清潔に保つことが大切です。

NG行動

痛み止めの湿布薬は歯茎には直接貼れません。顔に貼ることしかできませんので、効果は期待できません。また、冷やしすぎると痛みは麻痺して軽減したように感じるかもしれませんが、血流が悪くなり、治りが悪くなる可能性があります。冷やしすぎないように注意してください。
また、歯茎の膿袋を指で押したり、針を指したりすると、細菌が入り込んでしまい、逆に症状がひどくなる場合があります。自分で膿を出す行為は決してしないで下さい。

歯科で行う治療方法

1.歯周病(歯茎そのものが腫れる)

まず、歯茎の検査をし、歯周ポケットの測定を行います。同時に出血、歯のぐらつきの程度も測定します。歯石除去をし、口腔内をきれいな状態にし、歯磨き指導などを行います。歯周病の予防には定期的な検診、メンテナンスがとても重要になります。

2.根尖性歯周炎(根尖病巣)

被せ物や差し歯に起こることが多いので、まず、それを除去します。専用の器具を使い、歯根の清掃をし、消毒をし、薬剤をつめる治療です。根の中の感染の程度になどにより、治療期間は異なってきます。

3.歯根破折(歯の根の歯茎が腫れる)

歯の根にヒビが入ったり、割れたりする症状で、破折部から細菌が入り込み、歯肉が腫れたり、膿がでたりします。「歯を抜くのが怖い」などという理由でそのままにしておくと、顎の骨を溶かしたり、隣接する歯に悪い影響を与えることもあります。残念ながら、ほとんどの場合、抜歯という診断となります。

歯茎に膿が出ている、腫れている、痛みがあるなどお悩みがある方は、当院までお気軽にお問い合わせください。