歯痛から頭痛が発生する理由は?

歯痛があるとき、同時に頭痛を感じる人は少なくないのではないでしょうか。 歯痛があるだけでもストレスなのに、さらに頭痛も起きてしまうと本当に辛いものです。

歯痛から発生する頭痛にはいくつか原因があります。また頭痛が原因の歯痛だと思っていた場合でも、実は他に重篤な原因がある場合もあるのです。 この記事では、歯痛と頭痛との関係と、歯痛から頭痛が起きた場合に考えられる原因を紹介します。


歯痛によって起きるのは群発頭痛のことが多い

頭痛にはいくつかの種類がありますが、歯痛があるときに引き起こされる頭痛は群発頭痛と呼ばれるもののことが多いです。 群発頭痛は頭痛の中でもかなり激しい痛みを感じるもので、眼の奥がえぐられているような痛みを感じます。

また鼻が詰まり、鼻水が出てしまうこともあります。あまりの痛さに歯が痛いのか、頭が痛いのか判断がつかなくなる人もいるようです。

頭痛で頭をおさえている様子

頭痛からくる歯痛は三叉神経痛の可能性がある

三叉神経とは脳幹から繋がっている神経で、顔の両側東部にある眼神経・上顎神経・下顎神経に繋がっている神経のことをいいます。 三叉神経があることで、歯の痛みと頭の痛みは繋がってしまっています。

ですから、上顎や下顎で感じた痛みをこめかみや眼球の裏あたりで感じてしまうこともありますし、その逆も起きてしまいます。 歯痛を感じるのに、歯に異常がないのであれば三叉神経痛を引き起こしている可能性が高いのです。


歯痛と頭痛が併発したときに考えられる原因

歯痛と頭痛が密接に関係していることがわかりました。それでは歯痛と頭痛が一緒に起きてしまったときに考えられる原因を解説していきます。

1. 虫歯や歯周病などによる緊張性頭痛

虫歯や歯周病で歯の神経が痛みを感じると、三叉神経を伝わって頭痛が生じてしまうことがあります。軽い虫歯や歯周病で頭痛が起きることは稀で、頭痛が発生するレベルというのはかなり虫歯が進行して神経まで達していて、歯周病の場合は歯茎が弱って歯がグラグラするレベルになっていることも多いです。

2. 鼻の奥で炎症が起こる副鼻腔炎の悪化

副鼻腔炎とは別名・蓄膿症と呼ばれる病気です。副鼻腔とは鼻の両サイドにある器官の総称で、前頭洞・蝶形骨洞・篩骨洞・上顎洞のことをさしています。副鼻腔炎とはこの副鼻腔の粘膜が炎症を起こしたことで、発症してしまう病気です。鼻づまりや膿性の鼻水などが症状としてあげられますが、頭痛が起きることもあり、そこから歯痛が起きてしまうこともあります。

3. 上顎の歯の治療から菌が上顎洞に侵入する上顎洞炎

副鼻腔の1つである上顎洞ですが、この上顎洞は上顎の左右奥から3つに当たる大臼歯とかなり近い位置にあります。この大臼歯の神経治療をしたときに、なんらかの形で歯の炎症の原因となっている菌が上顎洞に侵入すると、そこから上顎洞炎が引き起こされてしまうのです。上顎洞炎が起きると上顎洞に膿が溜まるので、膿の悪臭を感じ、歯痛や頭痛だけでなく、頬に痛みを感じることもあります。

4. 治療により膿が取りきれていない根管治療の失敗

根管治療とは虫歯や歯の亀裂によって神経まで侵されてしまった歯を、元の強度を保ちながら使うための治療です。歯の神経を取り除いて、根元に溜まった膿を取り除いて治療します。この根管治療を行なった後に強い歯の痛みや頭痛が発生した場合は、根管治療が失敗している可能性が高いです。膿がすべて取りきれず根元に残ってしまっている、または穴を開けた部分に詰めたものや蓋が合っていないために、圧迫されて強い痛みを感じます。

5. 虫歯が血管に侵入する脳静脈血栓症

もし虫歯が悪化しているにも関わらず、長期間放置してしまっている場合に、頭痛があるのであれば脳静脈血管症の可能性があります。この状態になっているときは、すでに歯痛が収まっている可能性もあるので、注意が必要です。

虫歯は最初こそ痛みを感じますが、神経まで達すると痛みが無くなります。一度歯の痛みが出たのに、歯の痛みがなくなった場合、治ったわけではなく悪化しているのです。痛みが出るほどの虫歯は、治療しない限り完治することはありません。虫歯菌が血管に入り込み、脳で血栓を作っている可能性があり、血栓が血流を悪化させることで頭痛や吐き気が起きます。命にも関わる症状で、とても危険です。


歯痛や原因不明の頭痛があればすぐに歯医者や病院へ

歯が痛い様子

歯痛や頭痛が続くと、普通に生活するのも辛いものです。激しい痛みがある場合は、鎮痛剤を飲み患部を冷やすなどして応急処置をしましょう。

そして、できるだけ早く歯医者や病院に行き、原因を突きとめることが大切です。 放置しておくと歯痛や頭痛が続くだけでなく、病気が悪化してしまうこともあります。速やかに受診することをおすすめします。