抜歯後の食事は何を食べればいいの?

抜歯後は柔らかくて食べやすい食事からスタート

抜歯後に食事がしたい方は、局所麻酔が切れる施術後2~3時間後が目処になります。治療痕は傷つきやすく、また傷口の回復に役立つ血餅がとれやすい状態のため、雑炊やおかゆのような柔らかくて食べやすい食事が最適です。
抜歯してから数日~数週間後にかけて、口内の痛みや出血をチェックしながら、徐々に普通の食事に戻していきます。


・抜歯した直後は麻酔が切れるまでなるべく食事は避ける

抜歯の際は局所麻酔を実施します。麻酔が効いている間は口内の熱や痛みの感覚がなくなり、火傷をしたり、舌を噛んだりと思わぬ事故につながる恐れがあるため、食事は控えるようにしましょう。

局所麻酔の持続時間は、血管収縮剤を含む一般的な麻酔薬の場合は2~3時間ほどです。歯の治療後に受けた指示に従い、口内の違和感がとれたことを確認してから食事をしてください。

・抜歯した当日はおかゆや雑炊など治療痕を傷つけない食事を

抜歯治療を受けた当日は、まだまだ治療痕がデリケートな状態であり、傷口の治りを早める血餅が取れやすくなっています。雑炊やおかゆ、お茶漬け、うどんのような柔らかくて食べやすい食事が理想的です。

ただし、あまりにも熱いと患部を刺激してしまうため、食事の際はよく熱を冷ましましょう。また、香辛料やスパイスは炎症を悪化させる恐れがあるため、味付けにも注意が必要です。

・抜歯してから数日~数週間後は徐々に普通の食事に戻していく

抜歯治療を受けてから翌日以降は、体の様子を見ながら、ゆっくり元の食事に戻していくフェーズです。とくに歯の治療後数日はまだ痛みが残っていることが多いため、抜歯した当日と同様、雑炊やうどんのような柔らかく食べやすい食事がおすすめです。

抜歯してから数週間が経過し、口内の痛みや出血がなくなった場合は、徐々に通常の食事に戻しても問題ありません。


抜歯後はなるべく患部を痛める可能性のある食事は避けること

抜歯をした後は、治療痕を傷つけたり、炎症を悪化させたりする可能性のある食事に注意しましょう。具体的には、硬くて尖った食べ物や、香辛料やスパイス、酒類・アルコール類の3つには、患部を痛めるリスクが存在します。

・硬い食べ物や尖った食べ物は治療痕を傷つける

噛むのに力を要する硬い食べ物や、噛む際に破片が生じる食べ物は、治療痕を傷つけてしまう可能性があります。硬いフランスパンや、小骨の多い魚、せんべい、ポテトチップスのようなスナック菓子などが該当します。

・香辛料やスパイスは炎症を悪化させてしまう

香辛料やスパイスのような刺激物は、傷口に痛みや腫れを引き起こすばかりか、血行を促進するため傷口が開いてしまう恐れがあります。キムチ、カレー、唐辛子を使った食べ物は、抜歯後間もない間はとくに避けるようにしましょう。

・アルコール類は傷口が開く恐れがあるため厳禁

酒類やアルコール類も抜歯後は配慮が必要です。アルコールには傷口を刺激し、血行を促進する効果があるため、治療痕から再出血してしまう恐れがあります。ビール、ワイン、焼酎や日本酒などは要注意です。

・傷口の治りを早めるビタミンや亜鉛が豊富な食事を
ビタミンや亜鉛が豊富な食事を摂ることで、抜歯後に傷口の治りを早める効果を得られます。ビタミンAは緑黄色野菜や乳製品、卵などから摂取できる栄養素で、皮膚や粘膜を保護する効果があります。また、肉や魚、ナッツ類に多く含まれるビタミンB群にも、皮膚や粘膜の代謝を促進する効果があります。

必須ミネラルである亜鉛には、傷口の免疫力を高め、皮膚の新陳代謝を改善する効果があります。亜鉛は玄米や大豆、卵、チーズ、ナッツ類から効率的に補うことができます。ビタミンCやクエン酸と同時に摂取することで、亜鉛の吸収率を更に高めることができるため、野菜や果物を献立に入れましょう。



抜歯後の食事は柔らかいものから徐々に通常の食事へ

抜歯後の食事を経過時間に合わせて解説してきましたが、いかがでしょうか。歯の治療後は、麻酔が切れるまでなるべく食事は控えましょう。抜歯した当日は治療痕がデリケートな状態のため、柔らかくて食べやすい食事が理想的です。抜歯してから数日~数週間が経ち、痛みや出血が見られなくなった場合は、通常の食事に戻しても問題ありません。

治療痕を刺激する食事をなるべく避け、ビタミンや亜鉛の豊富な食事を摂ることで、治療痕の回復が早まります。